昭和34年(1959年)創刊の総合週刊誌「週刊文春」の紹介サイトです。最新号やバックナンバーから、いくつか記事を掲載していきます。各号の目次や定期購読のご案内も掲載しています。

ロッテ1位・佐々木朗希とヤクルト1位・奥川恭伸、どっちがすごいのか?――キーワードは「ロマン」と「安心」

ドラフト会議2019、ふたりの主役への期待

2019/10/20

 この1年間で同じ質問を10回くらいされてきた。

――佐々木と奥川、どっちがすごいですか?

 質問者の心情は理解できる。アマチュア野球に明るくない人にしてみれば、やたらと「逸材」と報じられる佐々木朗希(大船渡→ロッテ1位)と奥川恭伸(星稜→ヤクルト1位)のどちらが「すごい」のか知りたいと思うのが人情だろう。

 だが、アマチュア野球を中心に取材している私とすれば、これほど酷な質問はない。佐々木と奥川に優劣をつけるということは、「長澤まさみと新垣結衣のどちらがかわいいかを決めよう」と言っているようなものだ。

 そんな話を旧知のライター仲間にしたところ、「いや、それはガッキーでしょう」と即答されてしまった。だが、ふざけてもらっては困る。私は長澤まさみ派なのだ。ようは優劣をつけるのはナンセンスであって、結局は「見る人の好み」なのだ。

U-18日本代表でチームメイトとなった奥川(左)と佐々木 ©AFLO

「ロマンの佐々木、安心の奥川」

 佐々木と奥川を評する際、私は「ロマンの佐々木、安心の奥川」というフレーズを使う。

「令和の怪物」の異名をとる佐々木のロマンを語る上で、忘れられない日がある。2019年4月6日。高校日本代表候補合宿の紅白戦に、佐々木は登板した。

 左足を高々と上げ、190センチの長身から叩きつけるダイナミックなフォーム。誇張ではなく、見ているだけで恐怖心を覚える暴力的なボールだった。おまけにスライダー、フォークの変化球も高速で鋭く変化し、捕手を務めた藤田健斗(中京学院大中京→阪神5位)はほとんど捕球できなかった。

 藤田は当時を「投手の球を受けていて、初めて恐怖を感じました。140キロ台で曲がる変化球なんて初めてだったので、体が反応できませんでした」と証言している。2回を投げ、日本を代表する高校生打者を相手に6連続奪三振と完璧な投球を見せた登板後、ライター仲間から「最速163キロが出ていた」と聞かされた。だが、それほど驚きはなかった。数字以上の凄みを体感していたからだ。

 あれから春、夏と大船渡の公式戦を現地で6試合見たが、この日ほどインパクトの強いパフォーマンスは見られなかった。というのも、代表候補合宿の後、骨密度などを測定した佐々木は「大人の体になっていない」という結果が出ていた。