昭和34年(1959年)創刊の総合週刊誌「週刊文春」の紹介サイトです。最新号やバックナンバーから、いくつか記事を掲載していきます。各号の目次や定期購読のご案内も掲載しています。

賛否両論の映画『ジョーカー』が、「M-1グランプリ」を真面目に見てしまう構図と似ている理由

2019/11/01

 先週こんな新聞記事が。

「大阪、ピエロの覆面強盗相次ぐ」(毎日新聞夕刊・10月26日)

 捜査関係者への取材によると《上映中の人気映画「ジョーカー」の主人公に似たピエロの覆面だった》という。

映画『ジョーカー』 ©︎2019 Warner Bros. Ent. All Rights Reserved TM & ©︎ DC Comics

 強盗犯は11年前の『ダークナイト』を今さら観たのかもとも思いつつ、『ジョーカー』が話題だとあらためて感じたのです。

芸人が主人公で、しかもシビアな内容らしい

 私は9月にこの記事を読んでから気になって仕方なかった。

「アメコミ映画、ベネチア最高賞 社会から疎外された男描く『ジョーカー』」(朝日新聞・9月10日)

「上映されるや、熱狂的な支持を集めた」と。一体どんな内容なのだ。

映画『ジョーカー』でアーサーを演じたホアキン・フェニックス ©︎Rich Fury/getty

《映画は、精神を病んだ大道芸人のアーサーが悪の道化師ジョーカーに変貌するまでの経緯を、リアリズムに徹した暗い映像で描く。トッド・フィリップス監督と主演のホアキン・フェニックスらがオリジナルの物語として新たなジョーカー像を作り上げた。》

《凄惨な暴力描写で、社会から疎外された男の鬱屈と孤独を表現。実社会にも通ずる貧富の格差などの主題も脚本に盛り込んだ。》

 芸人が主人公で、しかもシビアな内容らしい。ますます気になる。

 そんなわけで2回観たのですが、まず新聞読み比べならぬ監督のインタビュー読み比べで気づいたことを書きます。