文春オンライン

世界の大使館ツイートが伝えた「雅子さまの笑顔」 “2つの形式”にふさわしい「4回の装い」の意味とは

2019/10/31

genre : ニュース, 社会

銀行員、キャスター、会社員だった王妃や皇太子妃の存在

 また、雅子さまに外務省での勤務経験があるように、例えばオランダのマキシマ王妃は銀行員、スペインのレティシア王妃は国営放送のキャスター、デンマークのメアリー皇太子妃は広告代理店などの会社員だった経験がある。同世代の王妃や皇太子妃の存在は、王室へより一般的な感覚が取り入れられていく背景の一つになっているように思う。

スペインのフェリペ6世とレティシア王妃
オランダのアレキサンダー国王とマキシマ王妃

 2017年、デンマークを訪問された天皇陛下(当時は皇太子さま)が一般の男性からセルフィーを頼まれて応じられたことが話題になり、この時の気さくなご様子から、陛下はSNSなどを通じた発信に可能性を感じていらっしゃるのでは、という印象を受けた。日本の皇室が今後どのように公的な活動について伝えていくか。両陛下は、その方法を模索されているところなのかもしれない。

10月22日、1回目の「饗宴の儀」に臨まれる天皇皇后両陛下
世界の大使館ツイートが伝えた「雅子さまの笑顔」 “2つの形式”にふさわしい「4回の装い」の意味とは

X(旧Twitter)をフォローして最新記事をいち早く読もう

文春オンラインをフォロー