昭和34年(1959年)創刊の総合週刊誌「週刊文春」の紹介サイトです。最新号やバックナンバーから、いくつか記事を掲載していきます。各号の目次や定期購読のご案内も掲載しています。

『バチェラー3』衝撃の余波は今も……SNSで「#友永構文」がバズった理由

「オレのことほんまに成長させてくれました。本当にありがとう」

source : 提携メディア

genre : エンタメ, テレビ・ラジオ

SNSで「ほんまに真剣に考えた」がバズった理由

さわやかな好青年だと思っていた友永氏ですが、あの衝撃のラストで、印象が変わってしまいました。

最後に選ばれたのは、ぶどう農家の娘か北新地の元ホステスか

バチェラーのパートナー候補に名乗りをあげた20人の女性たち。みな個性豊かで、デートの初対面でいきなりキスをする女性や、水着姿で足を絡ませる女性、またがって背中をマッサージする女性、純朴そうで拗(す)ねて泣いた看護師さん、最後にビンタをかましたトラック運転手、テンションが不思議なDJなどがいましたが、“最終選考”に残ったのは結局、この3人でした。

・ぶどう農家の娘で清楚系美人の岩間恵さん。
・笑顔がかわいい北新地の元ホステス・水田あゆみさん。
・ミス・ユニバースのファイナリストで現在、PR関係の仕事をしている野原遥さん。

友永氏はずっと岩間恵さんに心惹(ひ)かれていましたが、岩間さんが一時友永氏への恋愛感情に迷いをみせたことが影響し、友永氏は、自分を癒やしてくれた水田さんを選びました。

友永氏は「ラストローズ」を渡す時、なぜか「はぁ~」とため息をついていてテンションが低め。それでも「私はこの先何がおきても真也の味方やし」という水田さんの優しさに鼓舞されバラを渡します。これで水田さんとハッピーエンドと思われましたが……。

ここでとんでもない事態が発生します。

厳選した女性とたった1カ月で別れていた番狂わせ

最終選考で敗れ、その場から去っていく岩間さんの後ろ姿に友永氏が「恵~! 恵~!」と未練をにじませた声で呼びかけたのです。映像では、幸せのヒロインのはずの水田さんが背後にピンボケで泣いている姿が映し出されている、という異様な雰囲気に。

そして本来、番組はこのエピソード10で最後の1人が選ばれ完結したはずでしたが、特別編の「エピローグ バチェラーが明かす本当の結末」では、スタジオ収録でゲストMCや過去に脱落した女性たちを前に、友永氏から衝撃の後日談が語られたのです。。