昭和34年(1959年)創刊の総合週刊誌「週刊文春」の紹介サイトです。最新号やバックナンバーから、いくつか記事を掲載していきます。各号の目次や定期購読のご案内も掲載しています。

連載池上さんに聞いてみた。

池上さん、大学入学共通テストに記述式の問題は必要ですか?

池上さんに聞いてみた。

2019/12/03

genre : ニュース, 社会

Q 大学入学共通テスト、記述式は必要?

 2020年度から始まる大学入学共通テストの英語民間試験の延期が発表され、さらに国語と数学の記述式問題についても、採点の民間委託などに対する不安の声があがっています。池上さんは、記述式の問題は必要だと思いますか?(50代・女性・パート)

A 記述式は各大学の個別の二次試験で採用すればいいと思っています。


 受験生の思考能力など真の実力を見るには記述式が必要だと思います。ただし、全国一斉の大学入学共通テストは50万人以上が一斉に受験します。これだけの数の答案の記述を大学入試センターの担当者だけで短時間にチェックするのは物理的に困難です。このため、民間に委託するのですが、困難なのは民間業者も同じ。多数の採点要員が必要とされるため、アルバイトまで動員されるのではないかという声が上がっています。

©iStock.com

 記述式は必要ですが、大量の受験生には対応できません。共通テストは従来通りのマークシート方式で、記述式は各大学の個別の二次試験で採用すればいいと思っています。

「○○さんに聞いてみた。」のコーナーでは、みなさまからの質問を募集しています!

質問投稿フォーム

ツイッターをフォローして最新記事をいち早く読もう

文春オンラインをフォロー