昭和34年(1959年)創刊の総合週刊誌「週刊文春」の紹介サイトです。最新号やバックナンバーから、いくつか記事を掲載していきます。各号の目次や定期購読のご案内も掲載しています。

14組のM-1歴代王者「1番スゴかったのは?」 3位笑い飯、2位中川家、では1位は?<500人アンケート>

 漫才日本一決定戦「M-1グランプリ2019」の決勝が、12月22日(日)に開催される。

「M-1グランプリ」は2001年に島田紳助氏が「漫才への恩返しをしたい」と企画。中断期間を経て、15回目を迎える。出場組数は第1回(2001年)の1603組から年々増加。今年はついに5000組を突破した。

過去14回で「一番印象深いM-1チャンピオンは誰?」

 昨年、史上最年少チャンピオンになった霜降り明星は、放送直後から仕事の依頼が100本以上殺到。4月から東京に進出し、ゴールデンでレギュラー番組を獲得するなど大ブレイクを果たした。

昨年、大会最年少優勝を飾った霜降り明星

 M-1は「若手芸人の登竜門」とも言われるが、出場芸人にとっては人生一発逆転の漫才ドリームだ。また番組の平均視聴率を見ても昨年は関東地区で17.8%、関西地区で28.2%を記録。2001年の第1回は9.0%(関東)、21.6%(関西)だったから、見る側にとっても「国民的番組」に成長してきた。

 そんなM-1では、これまで14組のチャンピオンが誕生してきた(リスト参照)。そこで文春オンラインでは「過去14回で『一番印象深いM-1チャンピオンは誰?』」という緊急アンケートを実施。1週間で519人から投票が集まった。早速その結果を発表していきたい(#2ではアンケート結果について“あのM-1初代準王者”に話を聞いています)。

こちらが「M-1グランプリ」の歴代14組のチャンピオン。果たして「印象深い王者ベスト10」はどのコンビなのか?