昭和34年(1959年)創刊の総合週刊誌「週刊文春」の紹介サイトです。最新号やバックナンバーから、いくつか記事を掲載していきます。各号の目次や定期購読のご案内も掲載しています。

7年目のM-1 オール巨人が明かす“審査員の苦悩”「来年はM-1を休むつもりです」

オール巨人さんインタビュー#2

2019/12/22

 12月22日に決勝が行なわれる「M-1グランプリ」。

 オール巨人さんは今年も審査員に名を連ね、自身7度目のM-1となります。昨年は同じく審査員を務める上沼恵美子さんをめぐっての暴言騒動もありました。M-1は出場コンビはもちろん、彼らの命運を握る審査員にとってもプレッシャーの大きい舞台ではないでしょうか。

 そんな審査員を「来年は休もうかな」と明かした巨人さん。その理由とは? (全3回の2回目/#1#3へ)

M-1審査員は今年で7度目になるオール巨人さん

◆ ◆ ◆

ミルクボーイはだいぶ前から知ってますよ

――今年のM-1決勝は史上最多、7組が初出場ですが、どれくらいご存知なのですか? 9組中8組は、いちおう吉本ですが。

巨人 半分くらいわかりませんでしたね。ミルクボーイとかは、だいぶ前から知ってますよ。

――ミルクボーイは予選でも、ことごとく大爆笑させていました。

巨人 最初、ぜんぜんおもろなかった。ちゃんとしゃべってくれよ!いうレベル。でも、ここ2、3年、うまなったな。ツッコミの内海(崇)君は、ちょっと昭和の芸人の匂いがあって好きやね。

――無名コンビが多数選出された反面、和牛、ミキといった本命視されていたコンビが落選しました。

巨人 M-1の準決勝ぐらいになってきたら、僕は、劇場で若手のネタをよく聴くんです。みんなM-1用のネタをかけるので。ミキはちょっと滑る日がたまにあって、この調子やと決勝残れんのちゃうかと思ったら、案の定でしたね。和牛も前より何かテンポもパワーも落ちてる感じがしました。そこまで落ち着く年齢じゃないのに、何かベテランの匂いを僕は感じたんです。準決勝は見ていませんが、そのあたりが評価されなかった理由じゃないでしょうか。でも敗者復活戦では挽回するかもしれませんよ。

M-1は審査員も審査されているような雰囲気がある

――今回で7回目の審査員となりますが、審査依頼の話が来たときは快諾されたのでしょうか。

巨人 今回は話がきたら、やらせてもらおうと思ってました。でも、来年は休ませてもらおうかなと思ってます。まだ何も決まってない段階で、こんな話をするのもおかしいのですが。

 

――なぜですか?

巨人 そろそろ、ゆっくり観てみたいんですよね。近年は、M-1は審査員までもが審査されているような雰囲気があるでしょう。それが嫌やねんな。松本君は何言うの? 上沼さんは何言うの? と。なので、いいこと言わないとあかんみたいなプレッシャーもあるし。思ったこと、ズバッと言うてええのかなとか、ちょっと悩むんですよ。そういうのを短い時間で判断するのは大変やしな。いろんなこと考え過ぎて、言葉が出てこないこともある。それで家帰って、後悔するんですよ。ああ言ってやればよかったな、と。それもこれも、年齢的なもんもあるのかな。