昭和34年(1959年)創刊の総合週刊誌「週刊文春」の紹介サイトです。最新号やバックナンバーから、いくつか記事を掲載していきます。各号の目次や定期購読のご案内も掲載しています。

冬だからこそ知っておきたい「危ない鼻血」と「心配ない鼻血」の見分け方

「顔を上に向けて、首の後ろをトントンと叩く」は無意味ですよ

2019/12/28

冬は鼻がダメージを受けやすい季節

 さて、タイトルにもあるように、鼻血の背景には「冬」という季節が関与している。

「鼻には、吸い込んだ外気に適切な温度と湿度を与えて気管支を通して肺に送り込む、という役割があります。そのため、冬の冷たくて乾燥した空気が鼻に与えるダメージは小さくない」

 乾燥した冷気で干からびた鼻の粘膜を、よくわからない菌がうじゃうじゃくっついた汚い指先でほじったりすれば、そりゃ出血もするというものだ。

©iStock.com

「鼻腔にとって寒さと乾燥は大敵。その意味で、マスクの着用は非常に効果が得られる。インフルエンザなどの感染症対策としてだけでなく、鼻の安全管理のためにも、外出時はマスクをしてください」

 ちなみに、チョコレートを食べると鼻血が出る、とか、性的に刺激の強い想像をすると鼻血が出る、という話を聞いたことがある人もいると思うが、安部医師によると、どちらも医学的な根拠はないとのこと。

 チョコレートを食べても、スケベなことを考えても構わないから、せめて外出時のマスクだけはお忘れになりませぬように……。

この記事の写真(5枚)

ツイッターをフォローして最新記事をいち早く読もう

文春オンラインをフォロー