昭和34年(1959年)創刊の総合週刊誌「週刊文春」の紹介サイトです。最新号やバックナンバーから、いくつか記事を掲載していきます。各号の目次や定期購読のご案内も掲載しています。

冬でも読みたい「怖い話」

2020/01/07

生者と死者を分ける「逆さ事」

 みなさんは、日本には“逆さ事”という風習があるのをご存知でしょうか。

 死者の世界はこの世と全てが逆になっている、という考え方のもとに、たとえばお葬式の時には着物を左前にしたり、足袋を左右逆に履かせたり……そうしたことで、死んだ人間と生きてる人間とを区別する風習です。

©iStock.com

 それを知っていたK君は、目の前の家族を見て直感しました。「この人たち、この世のものじゃない」。そして本能的に「逃げなアカン!」と思いました。そこでK君は、彼女にそっと耳打ちしたのです。「1、2、3で逃げるぞ」

 1、2、3――。彼は事情を飲み込めていない彼女の腕を掴んで、その場からダッーと走り去りました。そして全速力で車まで戻ったK君は、彼女を助手席に押し込み、自分も急いで運転席に乗りこみました。

「えーー! すごーい!!」

 彼女はあまりの事に戸惑い「どうしたん、何があったん」と尋ねてきました。

「お前気づかなかったんか? あいつら全員服が裏返しやったやろ。ズボンも裏返し、靴も左右あべこべに履いてたぞ! あれはヤバいって!」

 そう言った瞬間、彼女は、

「えーー! すごーい!!」と言いながら、“手の甲”で拍手をしたのです。

©iStock.com

 そして「ハハッハハッハハッハハハ」と、聞いた事のない声で笑いだしました。

 恐怖を覚えたK君は、慌ててギアをドライブに入れ、アクセルを踏みました。しかし、「ザザ、ズズズッザー」とタイヤが擦れる音がして、車は海の方へとバックをしはじめました。まるでこのまま、海の中へと引きずりこまれるように……。