昭和34年(1959年)創刊の総合週刊誌「週刊文春」の紹介サイトです。最新号やバックナンバーから、いくつか記事を掲載していきます。各号の目次や定期購読のご案内も掲載しています。

2020/01/08

“黄色いそば”とつけ汁の味は?

 促されるように、まずその綺麗なイエローの麺を何もつけずに食べてみた。「港屋」の麺より軽やかでごわっとした食感もなく、やや塩味も感じられる。加水は少な目でコシを十分に引き出している。この麺にはそば粉、そして卵黄をも使用しているという。菊地さんが「Minatoya 3」の為に新設計した。色彩はイエローだが確かにそばの味を感じる麺だ。その配合や創り方はすべて非公開だそうだ。これは間違いなく人気が出るであろう綺麗で旨い麺である。

「Minatoya 3」の独創的で綺麗なイエローのそばの麺はそのまま食べても旨い

 つけ汁は、以前より返しはマイルドになったように感じられる。ラー油も適度な辛さである。そして、玉子を入れて麺をからめて食べると、綺麗なイエローの麺が一層引き立つ。そして胡椒と花椒が実にいい仕事をしている。食べ終わった後味がすこぶるさわやかなのである。

胡椒と花椒にラー油、ネギにバラ肉がたっぷり入ったつけ汁は絶品且つさわやかな後味

 また、そば湯は猪口に、自らそば粉を入れて、熱湯を注いで作るというスタイルで、なかなかユニークで尚且つ新しい。そのまま飲んでもよいし、つけ汁に入れてもよい。

自ら作るそば湯はユニークで、新しい
そば湯はそのまま飲んでもよいし、つけ汁に入れてもよい