昭和34年(1959年)創刊の総合週刊誌「週刊文春」の紹介サイトです。最新号やバックナンバーから、いくつか記事を掲載していきます。各号の目次や定期購読のご案内も掲載しています。

2017/04/30

 外国語学習の環境も昔とはぜんぜん違いますね。

 英語のニュースを読んでいて、単語を押せばすぐに辞書を引ける。作文のときも、ネイティブが使う本物の表現を検索して確かめられる。ゲーム感覚で、初歩から少しずつ表現を学ぶことができるアプリもあります。

 

 こんな状況は、僕が九〇年代末の学生時代に夢見ていたものです。

 現代は、まさしく「勉強のユートピア」なのです。

 

 しかしまた、情報が多すぎることで、考える余裕を奪われているとも言えるでしょう。

 

 二〇〇〇年代の末に、SNSとスマートフォンは、生活を劇的に変えました。

 今日、スマホを持ち歩く私たちは、どこにいてもネットの「情報刺激」にさらされ、気が散っている。過剰な量の情報が、光や音の連打のように、深く考える間もなくどんどん降り注いでくる。SNSに次々流れてくる話題に私たちは、なんとなく「いいね」なのか、どうでもいいのか、不快なのかと、まず感情的に反応してしまう。すぐに共感できるかどうか。

 共感、それは言い換えれば、集団的なノリです。思考以前に、ノれるかどうかなのです。

 

 いま、立ち止まって考えることが、難しい。

 溢れる情報刺激のなかで、何かに焦点を絞ってじっくり考えることが、難しい。

 本書では、そうした情報過剰の状況を“勉強のユートピアとして積極的に活用し”、自分なりに思考を深めるにはどうしたらいいかを考えたいのです。

 そこで、キーワードになるのが「有限化」です。

 ある限られた=有限な範囲で、立ち止まって考える。無限に広がる情報の海で、次々に押し寄せる波に、ノリに、ただ流されていくのではなく。

「ひとまずこれを勉強した」と言える経験を成り立たせる。勉強を有限化する。

 

 本書は、「勉強しなきゃダメだ」、「勉強ができる=エラい」とか、「グローバル時代には英語を勉強しなきゃ生き残れないぞ」とか、そういう脅しの本ではありません。

 むしろ、真に勉強を深めるために、変な言い方ですが、勉強のマイナス面を説明することになるでしょう。勉強を「深めて」いくと、ロクなことにならない面がある。そういうリスクもあるし、いまの生き方で十分楽しくやれているなら、それ以上「深くは勉強しない」のは、それでいいと思うのです。

 生きていて楽しいのが一番だからです。

 

 それに、そもそもの話として、全然勉強していない人なんていません。

 生きていくのに必要なスキルは、誰でも勉強します。読み書き、計算が基本ですね。稼ぐには仕事のスキルを覚えなきゃならない。人づきあいがわかってくるのだって勉強です。転職したら、また別のスキルの勉強をすることになる。

 人は、「深くは」勉強しなくても生きていけます。