昭和34年(1959年)創刊の総合週刊誌「週刊文春」の紹介サイトです。最新号やバックナンバーから、いくつか記事を掲載していきます。各号の目次や定期購読のご案内も掲載しています。

トリの嵐、MISIAを“限界突破”氷川きよしが猛追! 紅白「一番良かった歌手」緊急アンケート結果発表

source : 週刊文春デジタル

genre : エンタメ, 芸能, テレビ・ラジオ

 令和初となった第70回NHK紅白歌合戦。52組のアーティストたちによる年末恒例の祭典は、3年続けて白組の勝利で幕を閉じました。

 トリを含む見せ場の多い第2部(21時~)の平均視聴率(関東地区)は37.3%と、1989年の2部制開始以降最低になったものの、Foorinの「パプリカ」にはじまり、AKB48の多国籍出演、初出場の竹内まりやと賑やかなステージが続きました。その後も、ラグビー日本代表に送った松任谷由実の「ノーサイド」、ド派手な「限界突破」パフォーマンスの氷川きよしと、紅白トリのMISIA、嵐に至るまで、まさに2019年の総決算となりました。

氷川きよし ©文藝春秋

 そんな今回の紅白歌合戦、読者が「一番よかったと思う歌手」は誰なのでしょうか。今回のアンケートは、2019年12月31日から2020年1月5日までという短い投票期間にもかかわらず、17歳から88歳までの幅広い年齢層から総投票数3335票(男性約58%、女性約42%)が集まりました。さっそく上位20組の順位を見ていきましょう。