昭和34年(1959年)創刊の総合週刊誌「週刊文春」の紹介サイトです。最新号やバックナンバーから、いくつか記事を掲載していきます。各号の目次や定期購読のご案内も掲載しています。

source : 週刊文春デジタル

genre : エンタメ, 芸能, テレビ・ラジオ

朝ドラ主題歌から「AIひばり」までランクイン

 朝ドラ主題歌を見事に歌い上げた実力派から、ベテラン演歌勢、さらにはAI歌手まで、上位20組をカウントダウンしていきましょう。

19位 坂本冬美

坂本冬美 ©文藝春秋

「『祝い酒』が令和の幕開けの掉尾を飾るのにふさわしい曲でした」(男・66)

「キンプリとのコラボが良かったです」(女・33)

19位 AI美空ひばり

「まるで美空ひばりが今に蘇った様でとても感激しました。歌声は美空ひばりそのものでした。日本のAI技術の高さに誇りを持ちました」(男・75)

「SFファンにはたまらないディストピア感が良かった」(男・26)

18位 椎名林檎

「ほんもののアーティスト! 独創的でエンターテイメントの魅力もメッセージも素晴らしい」(男・57)

「衣装、演出ともに凝っていて一年の締め括りに相応しい」(女・28)

17位 島津亜矢

「中島みゆきさんの『糸』を素晴らしい歌声で、私の心に、どんどん入ってきて、とても沁み入りました」(女・73)

「圧倒的な歌唱力。次は、持ち歌を歌ってもらいたいです」(男・52)

16位 Superfly

リハーサルでのSuperfly ©文藝春秋

「朝ドラで流れている曲の軽さとは違った本来のドラマティックな曲調を圧倒的歌唱力で歌い上げ、酔いしれた」(女・59)

「アカペラを交えて唄われ、胸の奥まで突き刺さる歌声で、とても痺れました」(男・43)