昭和34年(1959年)創刊の総合週刊誌「週刊文春」の紹介サイトです。最新号やバックナンバーから、いくつか記事を掲載していきます。各号の目次や定期購読のご案内も掲載しています。

source : 週刊文春デジタル

genre : エンタメ, 芸能, テレビ・ラジオ

アニソンクイーンも、俳優として活躍するあの人も

15位 Official髭男dism

Official髭男dism ©文藝春秋

 今年ヒットを連発した"ヒゲダン"ことOfficial髭男dismには、地元・島根からの熱い応援も。

「臆する事も無く、堂々と演奏している姿が格好良かった。曲も凄く良いし、ボーカルの声が希有。益々活躍して欲しい」(女・59)

「我が郷里山陰の星です。島根県民会館大ホールで歌うのが夢だったそうですが、ここまでになって……と我が事のように嬉しかったです」(女・49)

14位 YOSHIKI feat. KISS <YOSHIKISS>

「X JAPAN」 のYOSHIKIと伝説のロックバンドKISSとの共演で話題となったYOSHIKI feat. KISSもランクイン。

「KISSというバンドはCMでしか見たことがないが、そんな世界的なバンドが紅白でパフォーマンスしてくれたことに敬意を表したい」(男・45)

「KISSの登場に驚くとともにその友情に感動しました。素晴らしいステージだった」(女・59)

13位 LiSA

LiSA ©文藝春秋

 シリーズ累計2500万部超のヒット漫画『鬼滅の刃』のアニメ映像をバックに主題歌「紅蓮華」を熱唱したLiSA。多くのアニメソングを歌ってきた人気シンガーには、初出場ながらその堂々とした歌いぶりに票が集まりました。

「私を含めた大人はLiSAさんを知りませんでしたが、チビ達がほぼ歌えていたのが印象的でした」(男・42)

「初出場で堂々たる歌いっぷりが素敵だった」(女・28)

「バックスクリーンの『鬼滅の刃』とLiSAさんの圧倒的な歌唱力、歌詞の素晴らしさが相乗効果で震えるほどよかった」(女・63)

12位 石川さゆり

 2020年の大河ドラマ『麒麟がくる』では明智光秀の母・牧役で出演するなど、いまだに新境地を探るベテランが12位にランクイン。時代を超えて歌われる「津軽海峡・冬景色」には、審査員を務めたノーベル化学賞受賞者の吉野彰さんのみならず、「この声を聞かないと年を越せない」というファンは多かったようです。

「紅白歌合戦にはばたばた騒ぐのではなく、じっくり聞きたい歌もある」(男・78)

「歌も上手いし綺麗だし、これぞ紅白といった感じ」(男・37)

「世代を超えて愛されている。石川さゆりを聞かないと年を越せないとしみじみ感じられる」(男・45)

11位 菅田将暉

菅田将暉 ©文藝春秋

 多くのCMにも出演し、2019年もドラマ『3年A組』(日テレ系)、映画『アルキメデスの大戦』(東宝)の主演など、幅広く活躍した菅田。その勢いそのままに、金髪に染め上げて米津玄師プロデュースの「まちがいさがし」を熱唱。その姿に、多くの読者も引きつけられたようです。

「80を過ぎた母も私も素直に歌っている彼に感動しました」(女・60)

「金髪の菅田将暉がやっぱりかっこいい! 釘付けになった」(女・38)

「こんなに米津玄師の曲がよいとは思わなかった」(男・69)