昭和34年(1959年)創刊の総合週刊誌「週刊文春」の紹介サイトです。最新号やバックナンバーから、いくつか記事を掲載していきます。各号の目次や定期購読のご案内も掲載しています。

2020/01/11

日本美術からの影響も大きかった

 くわえてソール・ライターの写真は、構図と色使いが独特でたまらない。前景に壁や柱、ときに人の横顔を入れ込んでいく絵づくりは大胆そのものだ。全体として抑えた色調のなかにビビッドな差し色を入れて、そこに観る側の視線を誘導させるのも、心憎いほどにうまい。

ソール・ライター 《赤い傘》 1958年頃、発色現像方式印画 ⒸSaul Leiter Foundation
ソール・ライター 《薄紅色の傘》 1950年代、発色現像方式印画 ⒸSaul Leiter Foundation

 そういえば生前の彼は日本美術に造詣が深く、俵屋宗達のファンであることを公言していた。驚きのある構図と色使いは、日本的な美から大いに学んだのではないか。

 彼の写真が指し示すのは、写っているものや状況についての説明や、何らかの意味ではない。生命感あふれる光景に触れた! という純然たる眼の歓びだ。

 本人はこんな言葉を残している。

「私に写真が与えてくれたことのひとつ、それは、見ることの喜びだ」

 そう、たしかに「見ることの喜び」さえあれば充分。それ以上に何を望むことがあろうか。素直にそんな気持ちにさせられる展示だ。

展示会の様子

その他の写真はこちらよりご覧ください。

この記事の写真(16枚)

+全表示

ツイッターをフォローして最新記事をいち早く読もう

文春オンラインをフォロー