昭和34年(1959年)創刊の総合週刊誌「週刊文春」の紹介サイトです。最新号やバックナンバーから、いくつか記事を掲載していきます。各号の目次や定期購読のご案内も掲載しています。

2020/01/31

「あまりにもイメージと違いすぎて驚き」

 こうした内容が拡散すると、ネットには続々と非難や失望、驚愕といった内容の書き込みがあがった。「トップスターがチョン・ジュニョンと同じことをしていたなんて……。もう誰も信じられない」「あまりにもイメージと違いすぎて驚き」というものから、男性によるものだと思われる、「正直、チュ・ジンモが未婚だった頃のやりとりだし、男はこんなことも話しちゃいけないのか」という書き込みまで。

 ちなみに、チョン・ジュニョンは昨年3月に盗撮、性暴力などの罪で逮捕された韓国の歌手のこと。一審で懲役6年の判決が下りたが、控訴し、係争中だ。内容の真偽が明らかにされていない時点でこれほど非難が集中したのは、このチョン・ジュニョン事件の影響が大きいといわれる。

 チュ・ジンモは99年に映画デビュー。その後、着実にキャリアを重ね、スターの名を手にした。昨年、女優のキム・テヒ似と評される、ソウル大学医学部家庭医学科卒で10歳年下の医師と結婚し話題を呼んだ。今回の事件では、ハッカーは配偶者にもメッセージを送っていたといわれ、配偶者はSNSをすべて閉鎖したという。

©iStock.com

「東出不倫」並みの衝撃

 チュ・ジンモ側は1月16日、公式に謝罪を表明。自らも「申し訳ありません。今回のことで息が詰まるような日々を送っています」という書き出しから始まる謝罪文を公開し、携帯がハッキングされ「恐怖感を覚えた」としながらも、事件を公表した背景については、「脅迫に屈すれば彼らはこれからも私を苦しめるだろうと判断した。また、同じような方法で脅迫を受けている他の芸能人や有名人らに悪影響をおよぼし、さらには犯行を煽ることにもなると考え、彼らの恐喝、脅迫に応じなかった」と綴っている。

 そして、ネットで拡散したやりとりについては、やりとりの中に出てきた女性らへは、「どう謝罪すればいいか、謝罪になるのか分からない」とし、「決して異性の身体の写真を隠しカメラで撮影し流布するような不道徳なことはやっていません」「(拡散したやりとりが)悪意を持って歪曲され編集されたことにより、私がしていない行為が事実であるかのように報道され、噂が恐ろしい速度で量産されているのを見て、怖くてつらい」とも記していた。

 芸能界に詳しい韓国紙記者は言う。

「携帯がハッキングされたということも十分に衝撃的でしたが、やはり驚いたのは、チュ・ジンモとやりとりをしていた相手にチャン・ドンゴンをはじめとする、トップスター、好感度抜群のスターたちが挙がったこと。日本でも最近、家庭的というイメージの強かった東出昌大さんが不倫で大騒動になっているように、普段のイメージとのあまりのギャップに驚愕する声が広がっています。

 ネットで拡散したメッセージの真偽はまだ確認されていませんが、名前が挙がったスターたちのイメージダウンは避けられないのではないでしょうか」