昭和34年(1959年)創刊の総合週刊誌「週刊文春」の紹介サイトです。最新号やバックナンバーから、いくつか記事を掲載していきます。各号の目次や定期購読のご案内も掲載しています。

2020/02/06

source : 週刊文春デジタル

genre : ニュース, 国際

中国人“排斥”集会も

 同日には、ソウル市内で「中国人の入国禁止」を要求する集会も開かれた。大統領府近くの道路で保守派団体会員らが集結し、団体の代表が次のように中国を批判した。

「SARS(重症急性呼吸器症候群)、PM2.5に続き、今やウイルスまで吹き飛ばす中国のせいで、生きていけなくなってしまう。中国は有史以来、韓国の友人だったことが一度もない国だ」

 このような考えは、決して一部の特殊な人々の思いではない。

 大統領府が開設するオンラインの国民請願掲示板には1月下旬から「中国人の入国禁止」を要請する書き込みが相次ぎ、2週間ほどで68万人を超える賛同が集まっている。この掲示板は、20万人以上の署名が集まると政府は何らかの回答を示す必要がある。

ネット上では日本に対する不買運動で用いられたデザインを真似た「(肺炎で)死ぬのは嫌です (中国人を)受け入れるのは嫌です」と書かれた『NOチャイナ』のロゴが広まっている

 新型コロナウイルスの混乱は、韓流アイドルにも波及している。

 4月にソウル蚕室総合運動場で行われる防弾少年団(BTS)のコンサートに「中国人が大量に押し寄せてくる」という危惧から、「中国人の入場禁止」を求める書き込みがネット上に拡散しているのだ。フェイスブックには「中国人は来ないで」「会場の入場は許すな」といった、激しい投稿が相次いだ。入場禁止を求める書き込みは、ツイッターで数千回リツイートされた。

 過熱する中国人排除の動きに、さすがにメディアにも批判的な報道が増え、明洞の商店では「中国人立入禁止」の張り紙を「武漢加油!(武漢頑張れ)」「韓中友好!」などと書いた紙に貼り替え始めた。だが依然として、ネット上では中国人排除の動きが燻り続けている状況だ。

現在では明洞の商店街には中国を応援するメッセージが(筆者撮影)

なぜこれほどまでの騒動になるのか

 中国発の新型コロナウイルスをめぐって、なぜ韓国はここまでの大混乱に陥ったのか。それには大きく2つの理由がある。

 ひとつが、国内メディアからも「隷属的」(中央日報1月30日)とまで称される、文在寅政権の極端な「親中国」外交によって生じた、初期対応の遅れだ。