昭和34年(1959年)創刊の総合週刊誌「週刊文春」の紹介サイトです。最新号やバックナンバーから、いくつか記事を掲載していきます。各号の目次や定期購読のご案内も掲載しています。

はあちゅうさんは今日も元気に世界の中心で自己愛を叫ぶ

私たちは、いつまでもはあちゅうさんの味方です

2020/02/13

高額治療については物議を醸す機会が増えてきた

 この血液クレンジングを含むニセ医学問題については現在進行形の物件になっていて、まだ黒煙は上がり始めたばかりですが、その火元をよく見ると、先日堀江貴文さんの「ホリエモンのクリスマスキャロル」なる学芸会らしき劇にもスポンサードしていた湘南美容外科グループが、ニセ医学批判にまつわる騒ぎを起こしていました。ニセ医学もニセ科学も、ネットで専門家が発信し始めると簡単に検証されるようになり、儲かる代わりに非常に燃えやすくなってきたのが事情にあると思います。

自由診療で「やりたい放題」民間がん免疫療法の真相  告発スクープ 湘南美容外科グループの“独自療法”
https://premium.toyokeizai.net/articles/-/22879

©iStock.com

 ジャーナリストの岩澤倫彦さんが、効果の程度が怪しいと見られる各種がん治療での代替医療である「がん免疫療法」で湘南美容外科グループが高額の医療報酬を得ていたと報じた内容で、効果がはっきりしない高額治療については物議を醸す機会が増えてきました。

 まさかとは思いますが、はあちゅうさんが血液クレンジングには予防的な効果があるという謎で雑な説明をし始めた内容と、一連のがん免疫療法で効果がはっきりしないのに説明されている機序とがだいぶ似ているところがありまして、個人的には気になって気になって夜しか寝られません。

現代社会の地雷を教えてくれるはあちゅうさん

 しかしながら、私たちがなぜはあちゅうさんが好きで、その行動一つひとつを愛しているかというと、面白いからです。まさに「人生コンテンツ」、自らを燃やして暗い世の中を照らしてくれているのだ。そのように思います。

 そして、おおいにやらかしてくれる。そのやらかす余計なことが概ね時代の最先端で起きる罠ばかりに引っかかるからです。はあちゅうさんがお薦めしなければ血液クレンジングなんて知ることはなかったかもしれないし、アダルトビデオの第一線で頑張っている人の考えや哲学に触れることもないでしょう。

©iStock.com

 はあちゅうさんが次々と世の中の地雷という地雷に吸い寄せられ、その愛らしい御足で地雷を踏み抜き爆炎が上がるたび、あ、あっちに現代社会の地雷があった、こっちにも地雷がある、大変だ、これは危険だ、と知ることができます。しかもどんなに大爆発しても本人は概ね無事であるため、やはり適切な距離を取り、美しき女傑・はあちゅうさんの猛勇ぶりを見学するのが慎みある大人の取るべき態度であると、私は思っております。

 今後ともよろしくお願い申し上げます。

*蛇足ではありますが、(何度も書いておりますが)はあちゅうさんご出産おめでとうございます。はあちゅうさんの子育て奮闘ぶりは遠くから見ている、4人の子の父親である私からしても微笑ましくも素晴らしいと思っております。ただ老婆心ながら同じく育児をする者として、なるだけお子さまについては、いくらご自身が「人生コンテンツ」と割り切っていたとしても、育児ネタで売名だカネ稼ぎだと思ってないでしょうが、もう少しお控えになったほうが良いのではないかと思いました。

INFORMATION

 ついにこの日が来てしまった……。文春オンラインの謎連載、特にタイトルがあるわけでもない山本一郎の痛快ビジネス記事が待望の単行本化! 現在、Kindle Unlimitedでも読めます。

2019年5月15日発売!!

 その名も『ズレずに生き抜く 仕事も結婚も人生も、パフォーマンスを上げる自己改革』。結婚し、出産に感動するのもつかの間、エクストリーム育児と父父母母介護の修羅を生き抜く著者が贈る、珠玉の特選記事集。どうかご期待ください。

この記事の写真(6枚)

ツイッターをフォローして最新記事をいち早く読もう

文春オンラインをフォロー