昭和34年(1959年)創刊の総合週刊誌「週刊文春」の紹介サイトです。最新号やバックナンバーから、いくつか記事を掲載していきます。各号の目次や定期購読のご案内も掲載しています。

はあちゅうさんは今日も元気に世界の中心で自己愛を叫ぶ

私たちは、いつまでもはあちゅうさんの味方です

2020/02/13

再び血液クレンジング問題へ……

 しまいには、精神科医のメンタルドクターSidowさんにまではあちゅうさんの「典型的な『認知の歪み・拡大解釈』」を指摘されておりました。

 言われてみれば、私も別にはあちゅうさんの二の腕が太いなんてまったく思っておらず、むしろ美しい若奥様ぐらいにしか認識してないのに、宋美玄さんと一緒にクソを投げたと誤解されていたとか、恐るべき認知の歪みだなあと思うわけであります。はあちゅうさんはやはり美的な小顔だし、スレンダーな麗しい女性だからこそ、人気なのだということは、私が責任もって皆さまにお伝えしたいと思う所存です。

 私もそろそろ老眼が始まってきたので眼科に行ってこようとは思いますが、私たちは一致団結して日本の限りあるエネルギー資源であるはあちゅうさんを大事に護っていかなければならないと心に誓っておるわけです。ところが、はあちゅうさんが最近になって再び血液クレンジングが医学的に正しいのではないかと戻ってきてしまったのは非常に気になるところです。

はあちゅうさんのTwitterより

[引用]

血液クレンジングについては、その後、いろいろな立場のお医者様に話を聞く機会があり、

病気を「治療」できる標準医療ではないけれど、

「予防」医療の観点では部分的効果が認められ、「ニセ医療」ではないと断言する方にも複数お会いしました。

----

「BuzzFeedは味方だと思っていたのに」

 一度は謝罪して記事削除してブログまで閉鎖したのに、どうしてまた戻ってきてしまったんだ。あまりにも内容がアレなので、今回の件で医師や薬剤師など医学系クラスターの面々からはあちゅうさんに対して、一斉に「誰かこの人を黙らせろ」的な反応が出たんですよね。

 医学的に裏付けのない血液クレンジングを実施しているクリニックからお金をもらってブログや記事を書き、BuzzFeedの岩永直子さんなどからフルスイングで批判されて、はあちゅうさんが身の回りの医師に話を聞いて回ったんだろうとは思います。はあちゅうさん、やってしまったことに対して記事削除をし、謝りながらもひょっとしたら価値のある治療じゃないかと誠実に裏付けを取りに行く姿勢、応援していきたいですね。

※写真はイメージ ©iStock.com

「トンデモ医療であると、断言します」 血液クレンジング、医学的に徹底検証してみた
https://www.buzzfeed.com/jp/naokoiwanaga/blood-cleansing

 はあちゅうさんからすれば、BuzzFeedは電通時代の#metoo騒動では記事を書いてくれた味方だと思っていたのに、血液クレンジングの件でしゃくれたアゴ粉砕レベルの振り抜きストレートをカウンターで喰らって裏切られたという感情でも抱いてしまったのかもしれません。