昭和34年(1959年)創刊の総合週刊誌「週刊文春」の紹介サイトです。最新号やバックナンバーから、いくつか記事を掲載していきます。各号の目次や定期購読のご案内も掲載しています。

オスカー4冠「パラサイト」に隠された日本人は知らない「韓国“下剋上”社会の常識」 現地記者が解説

「半地下の一家は貧困層ではなかった?」「台湾カステラ屋って何?」「社長夫人はなぜ英語交じり?」

2020/02/23

source : 週刊文春デジタル

genre : エンタメ, 社会, 経済, 働き方, 国際, 映画

疑問4 パク社長が飲んでいる謎の飲料の正体は? 家政婦が作った「チャパグリ」とは?

 グローバルIT企業のCEOであるパク社長は、帰宅後はルーチンのように真っ先に冷蔵庫に近づく。そして冷蔵庫のドアを開け、謎の飲み物を取り、その中身をがぶがぶと飲み干す。

 パク社長が飲むこの飲み物は、「生脈散(センメクサン)」という漢方薬の一種だ。映画に漢方薬を提供したという漢方病院の説明によると、生脈散は夏バテを予防して元気をつける漢方薬で、高麗人参、五味子、ヤブランなどの材料が入る。

大豪邸に住むパク社長の妻、ヨンギョ © 2019 CJ ENM CORPORATION, BARUNSON E&A ALL RIGHTS RESERVED

 パク社長だけでなく、多くの韓国人が日常的に漢方薬を飲んでいる。特に病気のためではなく、一種の強壮剤として、健康を守るための習慣となっている。パク社長が飲んでいた生脈散は30包で10万ウォン(約9200円)だという。上流層が好んで飲む、鹿の若角や麝香など高級材料が入った健康薬は1包で数万ウォンを上回るものも多い。

「パラサイト」で最も有名になった料理は「チャパグリ」だ。チャパグリとは、インスタントラーメンメーカーの農心が作った2種類のインスタント麺「チャパゲティ」と「ノグリ」との合成語だ。

 韓国発の中華料理であるジャージャー麺「チャパゲティ」と、韓国式の辛いうどん「ノグリ」を混ぜて料理するので、ちょっぴり辛いジャージャー麺の味がする。作り方は、熱湯に2種類の麺を入れて5分ほど煮た後、湯切りして、チャパゲティとノグリのスープを入れて混ぜるだけ。

 ヨンギョは、富裕層らしく高価な韓国産牛「韓牛」をトッピングしていたが、庶民は韓牛の代わりに目玉焼きやチーズなどをトッピングして食べている。