昭和34年(1959年)創刊の総合週刊誌「週刊文春」の紹介サイトです。最新号やバックナンバーから、いくつか記事を掲載していきます。各号の目次や定期購読のご案内も掲載しています。

約10カ月で体重18キロ減も……私たちが「月曜断食」でやせた理由

コロナ太り解消のミラクル・ダイエット法!

2020/06/07

やせる以外の変化もたくさん

「不意に撮られた写真を見て、落ち込むことがなくなりました(笑)。運動するくらいなら太ったままでいいと豪語していた私が、今では、ちょっと時間があるから歩きに行こうと外に出るようになり、最近は、スタイルを整えるために筋トレまでするようになりました。運動しなくても月曜断食ならやせられるし、やせるための運動は続かないけど、やせてからなら運動は続けられる。このことを、ダイエットで悩んでいる多くの人に伝えたいです」

 月曜断食は大幅減量だけではなく、江藤有紀さん(34歳)のようにあとちょっとの体重が落とせなくて悩む標準体重の人にも支持されています。

江藤有紀さん(34歳) 52kg台→46kg台(-6kg)

「自営になってからの数年間で、じわじわと増えた体重を落としたくて月曜断食に取り組みました。結果は、52kg台から久しぶりの46kg台に。およそ3カ月で6kg体重を落とすことができました。最初の1カ月は、不食日の強烈な眠気と頭痛に悩まされましたが、2カ月目以降は不快な症状はなくなりました。これまで、自分の中に“食べない”という概念がなかったけど、むしろ食べないほうが調子がよくて仕事にも集中できるし、肌荒れもなくなるなど、やせる以外の変化をたくさん感じることができました」

 苦労したのは、良食日(不食日翌日からの4日間)のメニュー。

「料理が得意ではないので、おかずのみの昼食のメニューが思い浮かばず苦労しました。実践中に『月曜断食ビジュアルBOOK』があったら本当に助かったと思いますし、これからはじめる人が、本気でうらやましいです(笑)」

挫折する気まんまんではじめた

 月曜断食は、やせにくくなる40~50代以降でもすんなり体重が落ちていくため、アラフィフ、アラカン世代からも熱い支持を集めています。明るいキャラクターのまるさん(52歳)は、約10カ月で、体重18.3kg、体脂肪率13.9%マイナスを達成しました。

まるさん(52歳) 78.2kg→59.9kg (-18.3kg)

「XLの服がきつくなったことに危機感を抱いたのが、昨年の3月。そこから自己流ダイエットを開始したものの、1カ月で1kgしかやせられなかったの。そんなとき、タイミングよく月曜断食を知って、『どうせ続かないだろうけど』って挫折する気まんまんではじめたんです(笑)。1カ月経つくらいまでは、不食日はフラフラするし頭痛もするけど、体重はするする落ちていくからやめる気にもならなくて、気づいたら、1カ月半で体重は7kg、体脂肪率は4.5%も減ったの! こんなにすごいダイエット、ほかにないでしょう?」