昭和34年(1959年)創刊の総合週刊誌「週刊文春」の紹介サイトです。最新号やバックナンバーから、いくつか記事を掲載していきます。各号の目次や定期購読のご案内も掲載しています。

約10カ月で体重18キロ減も……私たちが「月曜断食」でやせた理由

コロナ太り解消のミラクル・ダイエット法!

2020/06/07

以前より身軽で疲れにくい

 無理なく続けられた秘訣は?

「第1弾の本の帯に“0円ダイエット”って書いてあったけど、本当でした。平日の食費が減った分、土日の美食日にはちょっといい食材が買えて、以前より食への満足度は高くなりました。週末、食べたいときには、天ぷらそばやラーメンも食べているし、1週間、我慢ばかりじゃないのが今日まで続けてこられた理由だと思います。あとは、目覚めがよくなるなど、毎日を快適に過ごせるようになったことも大きいです」

 一方、同じ50代のグレイヘアが素敵な杉田美和さん(54歳)は、体重の変化以上に健康面での手応えを大きく感じました。

杉田美和さん(54歳) 62kg→58kg(-4kg)

「人生の後半戦に突入し、健康であることが重要だと思いダイエットに取り組みましたが、何をしても、たったの2kgがなかなか落ちないんです。ほとほと困っていたときに書店で月曜断食に出合い、直感的にこれだ!と思ってはじめてみたら、わずか2カ月で4kgも減らすことができました。

 たかが4kgかもしれないけど、以前は疲れやすくて動くのが億劫だったのに、今は体が軽くなって、身軽に動けるようになりました。前よりも動いているのに疲れを感じにくいから、より体を動かすようになっていますし、健康に向けていいスパイラルが起きていると感じています」

月曜断食を続けられた理由は、スピード感

 女性ならではの悩み、産後太りの解消にも月曜断食は貢献。ショートパンツに黄色いパンプスで、スタイルのよさが際立つロボ子さん(39歳)は、2016年の出産後、産後太りでベスト体重より15kgもオーバーしていたそうです。

ロボ子さん(39歳) 61kg→49kg(-12kg)

「月曜断食を続けられた理由は、1カ月で3kg、2カ月目終了時点で7kgもやせられた、スピード感のおかげだと思います。3カ月目以降の減り方は緩やかですが、1年半で61kgから49kgまで、12kgも減らすことができましたし、体脂肪率も8.6%減って、今は24%台をキープしています。