昭和34年(1959年)創刊の総合週刊誌「週刊文春」の紹介サイトです。最新号やバックナンバーから、いくつか記事を掲載していきます。各号の目次や定期購読のご案内も掲載しています。

「みんなが不便で不幸だから麗しい」コロナ対策が何となく支持されている事情

これを機に、日本人の働き方が大きく変わってくれれば……

2020/03/07

親世代は複雑な心境を抱いています

 一方、それを支える親世代からすると大変です。

 私の周辺の共働きの友人知人は、コロナウイルス対策を打ち出した政府には複雑な心境を抱いています。医師や見識のある人たちからすれば、いまさらアベちゃんが緊急事態だと騒いで学校をお休みにしたところで、さしたる効果がないことは分かっています。

©iStock.com

 同じく、もはや国内で感染経路が分からない感染者が続々と見つかっている状況で、いまになって中国人や韓国人の日本への入国後14日間待機を命じたところで「さすがにそれは遅いだろう」ということも理解しています。

 どう考えても中国国家主席・習近平さんが国賓での来日を秋以降に延期することになったので、1月末ぐらいにさっさとやれば効果のあったはずの中国人の入国禁止を実施できる環境が整ったんだろうと思います。遅えんだよ。何で日本国民の感染リスクをともなう公衆衛生より習近平さん来日を政治判断として優先させたのか、さっぱり理解できません。

満員電車、強制ノマド、サウナにパチンコ……何やってんだ!

 国民は、政治が頼りにならないときは仕方なく自衛するしかありません。感染しても重症化しないことを願って、人混みを避け、日々手洗いし、毎日たくさん食べてよく眠る、これしか対策はないのです。

 しかし、大多数のパパ友・ママ友からやってくる保護者メッセージは、みんな相応に困惑はしつつも「仕方ない」とか「やれることはやろう」などと言い合いながら、自宅に子どもがいるという春休みを受け入れている印象もあります。なんて辛抱強いんだ日本人。

 小学校中学校が休みになってしまったので、近所の人や祖父祖母に子どもを預けて仕事に出るという人たちがほとんど。それだけ「コロナウイルスが怖い」のならば、子どもたちの休校よりもお前らが満員電車に乗って職場に行くことをやめたほうがいいと思うんですよね。

©iStock.com

 また、近所の喫茶店ではリモートワークを強要されてしまったものの自宅で働く場所のない人たちが、咳込みながら満員の店内で強制ノマドをしています。何してんだよ。職場よりよっぽど衛生環境良くないだろ。友人たちのメッセを見ていると、駄目な人ほどパチンコに行き、サウナを楽しんでいます。ライブハウスで中年が大勢感染してる状況を見れば、何を禁じなければいけないか分かるはずなんですよね。報道では、感染したお年寄りが、発熱してるのにスポーツクラブいってサウナに入ったとかで、大迷惑じゃないですか。

z