昭和34年(1959年)創刊の総合週刊誌「週刊文春」の紹介サイトです。最新号やバックナンバーから、いくつか記事を掲載していきます。各号の目次や定期購読のご案内も掲載しています。

「コロナ鬱」にならないための“究極のストレス・コントロール術” 潜水艦元艦長が指南

source : 週刊文春デジタル

genre : ニュース, 社会, ライフスタイル, ヘルス

 新型コロナウイルス感染拡大を受けて、政府は2月25日に不要不急の外出の自粛を求める基本方針を発表。全国的にイベントが中止になり、在宅勤務を導入する企業も相次いだ。

 3月2日から急遽始まった全国の小中高校での臨時休校も重なり、幅広い世代が自宅に籠もらざるを得ない“巣ごもり”生活が続いている。募っていく一方のストレスを、どのようにコントロールすればいいのか。

 究極の「閉鎖空間」とも言える潜水艦で12年間任務にあたり、潜水艦「はやしお」艦長などを務めた元海将、伊藤俊幸氏(金沢工業大学虎ノ門大学院教授)に、海上自衛隊流のストレス・コントロール術を聞いた。

海上自衛隊の潜水艦「そうりゅう」内の3段ベッド(防衛省海上幕僚監部提供) ©️時事通信社

潜水艦での生活はどうなっているのか

 私が長い時間を過ごした潜水艦での生活は、文字通りの「閉鎖空間」です。しかし、どんな毎日なのかイメージできない人も多いでしょう。まずはそこからお話しします。

潜水艦元艦長の伊藤俊幸氏(金沢工業大学虎ノ門大学院教授) ©️文藝春秋

 潜水艦は、20代から50代までの立場も年齢も違う乗員約70人で航海しています。任務によっては1ヵ月以上、狭い密室で共同生活を送ります。

 それだけの人数が集まっていますが、嵐の日でも船体は揺れずとても静かです。居場所を悟られてはいけない潜水艦にとって、食器が棚に当たった音ひとつで敵に位置が知られてしまうので、艦内で音を立てることは厳禁。加えて、酸素も限られていますから、有酸素運動はおろか体操も難しい環境です。

 位置を知られてはいけない以上、電波も発信できません。家族と連絡を取ることも出来ず、インターネットもつながりません。出港後は、本部と連絡を取ることさえほぼない。当然、太陽の光を浴びることもありません。

 日本は世界第6位の排他的経済水域の広さを誇る海洋国家です。そんな広大な範囲を舞台に、過酷な環境のなかで日夜、失敗の許されない任務が課せられています。考えただけで息が詰まるストレスフルな環境です。気性が荒いもの同士の小競り合いも日常茶飯事ではないかと思うかも知れません。

 しかし、航海中に大きなトラブルは起こりません。それは、なぜなのでしょうか?