昭和34年(1959年)創刊の総合週刊誌「週刊文春」の紹介サイトです。最新号やバックナンバーから、いくつか記事を掲載していきます。各号の目次や定期購読のご案内も掲載しています。

武井、剛力にも“異変”で、残るは米倉、上戸の2トップだったが……

 次世代のエース女優2人にも激変が。

「2017年9月には武井咲(24)がEXILEのTAKAHIROとデキ婚。25歳になるまで恋愛禁止と言われていたオスカーで、結婚のための強行突破の妊娠とも言われました。その結果、1月クールに予定されていたフジの月9ドラマも流れてしまった。そして2018年4月に剛力彩芽(25)もZOZOTOWNの前澤友作社長との交際が発覚しました」(スポーツ紙記者)

 となると、やはり米倉涼子と上戸彩(32)の2トップ頼みになるが……。

「フジで上戸が主演した刑事ドラマ『絶対零度』のシーズン3が7月クールに放送されます。1、2は高視聴率を記録して、上戸の代表作とも言えるドラマ。ところが上戸側が出演を断わったそうです。これまでと放送枠が変わって月9になるのですが、すっかりブランド力が落ちて低視聴率が続いているのを嫌ったようです。主演が沢村一樹に替わり、上戸はゲスト出演する予定です」(フジ関係者)

 残るは米倉だが、いつものテレビ朝日、10月クールの木曜9時枠での主演が決まったという。

米倉涼子 ©文藝春秋

「『ドクターX』が放映された枠ですが、今回は違う作品。『ドクターX』は米倉自身がイメージが固定されるのを嫌がり、パート3で終わらせる予定でしたが、あまりの高視聴率のために、周囲の説得でパート5まで続いている。今度のドラマでは弁護士を演じます。テレ朝としてはこのドラマをヒットさせ、『ドクターX』と隔年ごとに放送したいという目論見もあるようです」(芸能プロ関係者)

「半分、弁護士。」でも失敗は許されない。

 いつかは宇宙飛行士役!?

この記事の写真(3枚)

ツイッターをフォローして最新記事をいち早く読もう

週刊文春をフォロー