昭和34年(1959年)創刊の総合週刊誌「週刊文春」の紹介サイトです。最新号やバックナンバーから、いくつか記事を掲載していきます。各号の目次や定期購読のご案内も掲載しています。

source : 週刊文春デジタル

genre : エンタメ, 芸能, 社会

「あの人が元気に帰ってきてくれたら、みんなの希望の星になる」

 モト冬樹は2017年2月18日付のブログにこう綴っている。

《俺が尊敬する志村さんの誕生日会に行ってきました。最近お体を壊されて、心配だったのですが、意外に元気で安心しました。自分はコントだ、という信念をつらぬく志村さん。尊敬するなぁ。実はドラマとか舞台をやらせたら、誰も真似ができない、素晴らしい演技をされるんだよなぁ。

 俺は、志村さんに一回でいいから 志村さんが主演の映画が観たいってリクエストしたんだ。できたら俺を使ってくれとも。俺の夢なんだよな。志村さん、いつまでも元気で俺達を笑わせてくださいね》

モト冬樹の2017年2月のブログより

 だが前述の通り、初主演映画となるはずだった「キネマの神様」を志村は降板することになった。モト冬樹は最後にこう語った。

「今回の新型コロナはその矢先だった。なんで志村さんが、という思いでショックだよ。志村さんは(かつて罹った胃潰瘍や肺炎などの)疾患があるから、すごく心配しているんですよ。でも、きっとあの人が元気に帰ってきてくれたら、みんなの希望の星になると思うんだよ。みんなに元気を与えると思う。帰って来てくれることを願ってる。それしかないもん。国民のために絶対に戻って来てほしい。それ以外のことは考えたくない……」

志村けん ©時事通信社

記事内で紹介できなかった写真が多数ございます。こちらよりぜひご覧ください。

この記事の写真(10枚)

+全表示

文藝春秋が提供する有料記事は「Yahoo!ニュース」「週刊文春デジタル」「LINE NEWS」でお読みいただけます。

※アカウントの登録や購入についてのご質問は、各サイトのお問い合わせ窓口にご連絡ください。

ツイッターをフォローして最新記事をいち早く読もう

週刊文春をフォロー