昭和34年(1959年)創刊の総合週刊誌「週刊文春」の紹介サイトです。最新号やバックナンバーから、いくつか記事を掲載していきます。各号の目次や定期購読のご案内も掲載しています。

連載文春図書館 ベストセラー解剖

「授乳以外は男性もできる」 “名もなき家事”に名前をつけてわかったこと

『やってもやっても終わらない名もなき家事に 名前をつけたらその多さに驚いた』(梅田悟司 著)――ベストセラー解剖

2020/04/08
『やってもやっても終わらない名もなき家事に 名前をつけたらその多さに驚いた』(梅田悟司 著)サンマーク出版

「食器洗い」という言葉はあるが、水切りカゴから昨夜洗った食器を、水滴の有無を確認しながら所定の位置に戻す作業をいい表す言葉はない。人気コピーライターである著者が、育休時の経験から、そんな「名もなき家事」の「見える化」を目指した本が、女性読者の広い共感を集めている。

「企画のきっかけは、著者の『名もなき家事』に関するツイートが、結婚1年目の妻からいきなり送られてきて、ヒヤッとしたことでした(笑)。最初は『料理』『育児』などカテゴリー別に目次を分けていたのですが、それでは『名もなき家事』のてんやわんやさが伝わらなく感じたんです。本の構成を朝・昼・夕・夜と1日の時間の流れに沿ったものにすることで、たとえ簡単な作業でも、積み重なると大変になることが伝わりやすくなったのではないかと。『家に1日中居たのに、何をしていたの?』と訊かれたとき、渡せば答えになる本にしたかったんです」(担当編集者の淡路勇介さん)

 レイアウトは見開きで完結。文字数も絞られ、多忙な中でもサッと楽しめる。

「新型コロナウイルスの影響で在宅勤務になり、子供や家族の3食の支度など家事がとても増え、ストレスを溜めている方も多いと思います。そんなときにはこの本を夫婦で読んで、家事の大変さを笑いつつ考えて、仲良くしてもらえたら嬉しいですね」(淡路さん)

2019年9月発売。初版8000部。現在7刷6万部 

出典元

森友自殺職員<赤木俊夫さん>妻「全告白」

2020年4月9日号

2020年4月2日 発売

定価440円(税込)

ツイッターをフォローして最新記事をいち早く読もう

文春オンラインをフォロー