昭和34年(1959年)創刊の総合週刊誌「週刊文春」の紹介サイトです。最新号やバックナンバーから、いくつか記事を掲載していきます。各号の目次や定期購読のご案内も掲載しています。

2020/04/14

人気メニュー「カレーうどん」の秘密

 そして数年前にまたわかったことがあった。「彩彩」の人気メニュー「カレーうどん」(600円)は「肉うどん」(550円)の進化系として誕生したという。

 彩彩の「肉うどん(そばでも可)」は豚ばら肉、玉ねぎ、人参などを甘辛いつゆで炊いたものをかけつゆと合わせて作る。この「肉うどん」が旨いのだ。この「肉うどん」のつゆと具材にカレー粉と片栗粉で作った自家製のカレールーを合わせてカレー餡を作る。しっかりと返しの利いたカレー餡がたっぷりかかった姿はまさに大衆の味である。カレーうどんがおすすめらしいが、カレーそばを注文する常連さんも多いという。

 そして、もうひとつ気が付いたことがあった。ねぎの切り方が大変丁寧であるということである。やや斜めに切ったねぎをちゃんと水でさらしているので辛みがよい塩梅である。値段が高騰しても国産のねぎを使い、丁寧な仕込みを17年間変わらず続けている。

「肉そば」(550円)は具沢山、ねぎにも注目
「肉そば」は豚ばら肉、玉ねぎ、人参がどっさり
「カレーうどん(そば)」は肉そばの具材とつゆでカレー餡を作っていく