昭和34年(1959年)創刊の総合週刊誌「週刊文春」の紹介サイトです。最新号やバックナンバーから、いくつか記事を掲載していきます。各号の目次や定期購読のご案内も掲載しています。

2020/04/14

 過去にない「緊急事態」が続けば、東小路の小さな店が存続できるのか、前例のない状況が日々続いている。なるべく前向きに考えるようにしているそうだ。

月1で通い始めて17年が過ぎた

コロナのことは少し脇に置いて、「彩彩」と自分とのかかわりについて話をしようと思う。初訪したのは2003年頃だった。当時は茹麺使用の店が多い中、生麺を使っていて驚いた記憶がある。出汁は鰹節を中心にしっかりと引いていて、つゆは甘味が少なく濃いめのタイプ。ほぼ月1回は訪問していて、気が付けば17年が経過していた。

 17年も通っているうちに、「彩彩」のことが少しずつわかっていった。

 まず、天ぷらは野菜のかきあげで自家製であった。毎朝作って提供している。カリッと揚がっている。「かきあげそば」(450円)は「彩々」初心者向きのメニューといえる。

かきあげが入った「天玉そば」(500円)は人気メニューである
かきあげは自家製、毎朝揚げている

カリッカリに揚げた「たぬきそば」

 そして、たぬきも自家製なことがわかった。いわゆる天かすではない。小麦粉を硬めに水で解いて、カリッカリになるまでじっくり揚げて作っている。なので「たぬきそば」(450円)の温かいかけ汁でもなかなかほぐれない。「冷やしたぬきそば」(550円)ではこのたぬきがあられの様な旨さなのだ。

「たぬきそば」のたぬきは自家製でカリッカリ

 玉子は「生玉子」(50円)と「味付け玉子」(100円)があることがわかった。冷やし系にはいつも「味付け玉子」を追加していた。ちなみに『冷たいそばやつけそばにはゆで卵が旨い』というのは友人であるチヌ釣りと立ち食いそばの達人、門馬孝太郎氏からの伝授である。

「冷やしたぬきそば」に味付け玉子入りはきりっとしたつゆとカリッとしたたぬきがうまい。味付け玉子も秀逸

 さらに「彩彩」に通い続けると、「冷やしそば・うどん」を年中食べることができることがわかった。冷やしのつゆは別に作っているわけである。これからの季節は最高の旨さである。