昭和34年(1959年)創刊の総合週刊誌「週刊文春」の紹介サイトです。最新号やバックナンバーから、いくつか記事を掲載していきます。各号の目次や定期購読のご案内も掲載しています。

慣れないリムジンで恐る恐る運転したら……

 弟子の主な仕事は運転手。志村の自宅近くに家賃4万円のアパートを借り、1000万円以上する高級外国車リムジンで志村宅を訪れ、仕事場から自宅まで送迎するのが日課だった。車中での志村はビートルズや吉幾三、吉田拓郎の曲を好んで聴いていたという。

96年。テレビ番組(番組名は不明)でスウェーデンへロケに行ったときの写真です。タバコを吸う志村と灰皿を持つげそ太郎氏

「田舎から出てきて急に高級車なんて初めてですし、左ハンドルも経験がありませんでしたので、もう怖くて仕方なかったですね。恐る恐る運転して、心配になって後部座席に乗る志村さんをバックミラーで見たら、信号待ちで車が止まる度に通行人にお辞儀をしているんです。そんなことが何日か続き、僕が『志村さんは凄いですね。信号待ちする度に通行人に頭を下げているので、びっくりしました』と話したら、『違うよ! お前がブレーキをいつも強く踏むから頭が前に倒れるんだよ』と、笑いながらツッコまれました」

やってしまった「リムジン擦り傷事件」

96年、番組で訪れた北海道・網走市でリハーサル中の志村と、げそ太郎氏

 弟子の休日は自宅でポケベルを握りしめての自宅待機。志村が休みの日でも、飲みに出かけるときの送迎は弟子の仕事だった。リムジンを運転してから3カ月経った夜、げそ太郎氏は師匠を送った後、車に擦りキズを付けてしまった。

「志村さんの乗り降りするドアの辺りに大きなキズを付けてしまい、顔面蒼白になりました。その日は志村さんがお気に入りの女性とのお食事で、悩みましたが、正直に言うなら今日しかないと思い、飲んで機嫌よく女性と戻って来たときに『志村さん、すみません。擦ってしまいました』と謝ったら『おお、まあ仕方ねえなあ』の一言だけでなんとか怒られずにすみました。

 運転手の仕事で一番大変だったのは、飲んでいるときの待ち時間です。ある日、志村さんを夕方くらいに飲み会の場に送ったのですが、10時間経っても出て来ない。“志村さん、もうタクシーで帰っちゃったのかな”と不安になっていると、車に戻って来たのが17時間後の翌朝10時というのが最高記録でした。どうやら酔って途中で寝てしまったそうです」

z