昭和34年(1959年)創刊の総合週刊誌「週刊文春」の紹介サイトです。最新号やバックナンバーから、いくつか記事を掲載していきます。各号の目次や定期購読のご案内も掲載しています。

続出する“コロナ解雇” 「辞めろ」と言われたとき冷静に対処するための知識

退職届のサインを求められても安易に応じてはいけない

2020/04/10

内定取り消しに遭っても、諦めてはいけない

 ニュースなどで注目されているのは新卒採用の内定取り消しだが、私たちのもとに寄せられる相談では、中途採用の方が内定を取り消されたという事例が多い。「コロナの影響で今後の見通しが立っていない」などと、入社を先延ばしにされてしまうケースもある。

 多くの場合、会社が採用内定を通知したり、採用予定者が承諾書を提出したりした時点で労働契約が成立したものと考えられる。それゆえ、内定取り消しについても、解雇と同様に、客観的に合理的な理由を欠き、社会通念上相当であると認められない場合は、権利を濫用したものとして無効となる。

©iStock.com

 内定取り消しが無効である場合には労働契約は存続し、その会社で働くことができる。撤回を求めて会社と話し合うべきだ。話し合った結果、諦めて他の就職先を探す場合でも、入社する予定であった会社に金銭的な補償を求めることができる。

 入社時期を延期され、自宅待機を命じられた場合は、民法の規定に基づき、入社日以降の働けなかった期間について給与全額を請求できるのが原則だ。

いざという時に頼れる相談先は?

 法律の知識があっても、一人で会社と交渉するのは容易ではない。このようなときに頼れるのが、労働組合などの相談窓口だ。職場に組合がなかったり、非正規が入れなかったりして、加入していない人が多いが、個人で入れる労働組合(「ユニオン」と呼ばれる)は各地にある。お住まいの地域に入れるユニオンがないか探してみるとよい。また、弁護士、行政機関、NPOなど、様々な団体や機関が相談窓口を開設している。力になってくれる人はきっといるので、こうした相談窓口や支援団体を活用し、諦めず行動してほしい。

INFORMATION

【労働組合による新型コロナウイルス関連労働相談ホットライン】
日時:2020年4月11日(土)13時~17時、4月12日(日)13時~17時
電話番号:0120-333-774
※相談料・通話料無料、秘密厳守
共催:
総合サポートユニオン
首都圏青年ユニオン
介護・保育ユニオン
私学教員ユニオン
美容師・理容師ユニオン
飲食店ユニオン

無料労働相談窓口:
NPO法人POSSE 
http://www.npoposse.jp/soudan/index.html
03-6699-9359
soudan@npoposse.jp
*筆者が代表を務めるNPO法人。訓練を受けたスタッフが法律や専門機関の「使い方」をサポートします。

総合サポートユニオン
http://sougou-u.jp/
03-6804-7650
info@sougou-u.jp
*個別の労働事件に対応している労働組合。労働組合法上の権利を用いることで紛争解決に当たっています。

ブラック企業被害対策弁護団
http://black-taisaku-bengodan.jp/
03-3288-0112
*「労働側」の専門的弁護士の団体です。

この記事の写真(4枚)

ツイッターをフォローして最新記事をいち早く読もう

文春オンラインをフォロー