昭和34年(1959年)創刊の総合週刊誌「週刊文春」の紹介サイトです。最新号やバックナンバーから、いくつか記事を掲載していきます。各号の目次や定期購読のご案内も掲載しています。

2020/04/17

わが家にもアベノマスクがやって来る

 で、何がやってくるのかと思ったらマスクが世帯当たり2枚やってくるそうです。

 これか、これが世にいうアベノマスクか。ちょっとびっくりよね。「世帯」というくくりで見たら、拙宅山本家の「世帯」でいえば、介護の理由で施設に行っている親族もベランダ歩いてる猫ちゃんも飼ってるちっちゃい老犬もみんな家族でありまして、布マスク2枚きたところでどうにもならんと思うんですよね。しかも、ご予算466億円ですと。そんなものにカネ使って大丈夫なのか安倍政権?

※写真はイメージです ©iStock.com

 もちろん経済産業省もやるべきことはちゃんとやり、マスク増産のための補助金もちゃんと積んではいるんですよね。「マスク2枚配ります」という施策は確かに不人気だけれども、いままで中国に依存しきっていたマスクがまさか貴重な戦略物資になるとは思ってもいなかったんですよね。きちんと助成してマスク生産は国内に回帰させるようですし、一刻も早くやって欲しいと思います。

令和元年度マスク生産設備導入支援事業費補助金に係る補助事業者の採択結果について
https://www.meti.go.jp/information/publicoffer/saitaku/2020/s200313001.html

「不織布マスクは医療機関の方に回したい」

 と思ったら、この案を考えたうちの一人とされる経済産業省の浅野大介さんがご自身のFacebookで事情説明をしておられ、まあ要するに「医療機関に必要なマスクを供給するために、調達できていた布マスクは各家庭に配ることにしました」という話です。「ああなるほど、そういうことか」と、いったんは合点するのです。納得いった。いきなり馬鹿じゃねえのと批判して申し訳なかった。と、そのときは思いました。

アベノマスク炎上の正体
https://note.com/yasusensho/n/n4a358954ccab


 詳しい説明は元厚生労働省の千正康裕さんのnoteをご覧ください。

 そこまでくるなら「マスクは配給制にしろ。マイナンバーを使え。転売を許すな」って感じじゃないでしょうか。そもそも年寄りや中国人が朝から薬局の前で行列してるのをどうにかしたほうがいいんじゃないかと思ったりもしますね。お前ら外出するなって言ってんだろ。

©iStock.com

 確かに「各家庭にマスク2枚」という施策がインパクト強すぎて他の対策が霞むほどになってしまったのは残念だけど、送られてきたら子どもたちにつけてやろうと思います。

z