昭和34年(1959年)創刊の総合週刊誌「週刊文春」の紹介サイトです。最新号やバックナンバーから、いくつか記事を掲載していきます。各号の目次や定期購読のご案内も掲載しています。

キレる側なのに「被害者意識」 夫の「キレる癖」に妻はどう対処したか

『すべての夫婦には問題があり、すべての問題には解決策がある』より #1

2020/05/07

 夫婦円満の秘訣とはなんだろう? 古今東西さまざまな場面で取り沙汰されてきた問題だろうが、そのひとつの答えは「コミュニケーションを考える」ことではないだろうか。

 夫婦とはいえお互いひとりの人間同士。おざなりなコミュニケーションに終始していては、伝わるものも伝わらない。「察してくれ」と思っていても、相手に正確な意図が伝わる可能性はほとんどゼロに近いだろう。

 コラムニスト犬山紙子氏の新著『すべての夫婦には問題があり、すべての問題には解決策がある』(扶桑社)は、夫婦関係改善の対処法が描かれた一冊だ。今回は、夫婦ともに離婚を経験し、現在は幸福な事実婚を続ける二人を紹介。仲睦まじく暮らすための秘訣を紐解く。

◇◇◇

「話し合いだって練習すればできるようになる」

©iStock.com

 最初にお話を伺ったのは、漫画家の水谷さるころさんと、映像演出家の野田真外さん夫婦。おふたりはともに一度離婚してからの事実婚。今は3歳の息子さんと3人暮らしで、はたから見るとさまざまな作業がフェアに分担され、子育ても楽しんでいるように見えます。彼らのルールは一体どんなものなのか? まずは妻・水谷さるころさんに聞きました。

さるころ「私は前の結婚で、とにかくなんでも自分がやっていたんです。仕事も家事も全部自分。そもそも結婚だって私のほうがしたかったので。子どもを産むと考えて逆算すると、アラサーで結婚しないと間に合わないような情報ばかり入ってきて……。でもその結果、ひとりで全部抱え込む生活になってしまったんです。タオパンパってやつですよね。お風呂に夫が入ったら、タオルとパンツとパジャマを何も言わないで脱衣所に置いておくのがよくできた奥さんだという。相手はそこまでの人じゃなかったんですけど、私が勝手に『いい奥さん』をやろうとして失敗。後から軌道修正ができなかったんです」

 夫がタオパンパになって離婚する夫婦は多いと聞きます。妻を限界まで我慢させるのは、夫にとっても悪手なようで……。

「言わないと分からない」を合言葉にディスカッション

『すべての夫婦には問題があり、すべての問題には解決策がある』

さるころ「頑張り屋の人ほど、先回りして抱え込みすぎるんです。で、限界がきて『あれ? つらい』ってなる。なぜ途中までは我慢できるかというと、苦労してるほうが褒められるし、万能感もあるし不幸ハイになれるから。でも、これは相手からタスクを奪っていることでもあって。私からも、相手にお願いするスキルが必要だったんです。言ってもダメだからと諦めて、何でも抱え込みすぎました」

 確かに、妻が「察してくれ」と思っていても、夫は一切察することがなく、妻がイライラを募らせる話はよく聞く。察してと思ってしまう気持ちもわからなくはないけど、「言わないとわからない」を合言葉にしたほうが、無駄にイライラしなくて済むのかも。

さるころ「もちろん、話し合いにはコストがかかりますよ。仕組みを変えたりノウハウを共有したりするにもコストがかかるし、能力もパワーも必要。日本の学校ってディスカッションする土壌がゼロだし、決められたことに文句を言わず従うことばかり教えられるから、この手のスキルにはめっぽう弱い人が多い」