昭和34年(1959年)創刊の総合週刊誌「週刊文春」の紹介サイトです。最新号やバックナンバーから、いくつか記事を掲載していきます。各号の目次や定期購読のご案内も掲載しています。

2020/04/28

330円はお得としかいいようがない 

 ピカピカに光った「もりそば」が登場した。辛汁は程よい塩味の口当たりのよいタイプ。こちらは薄色醤油を使っているそうだ。麺はシコシコで辛汁とのバランスがすこぶるよい。これで330円はお得としかいいようがない。出来栄えと味と量に納得である。そば湯をいただいて〆ることにした。

「もりそば」(330円)は麺がピカピカ
コシのある麺がたまらなくうまい
薄色醤油を使った辛汁はしっとり濃すぎず丁度よい、老舗の味である

コロナの影響は「厳しい」

 中村店長と澤藤さんにコロナ禍の影響について聞いてみた。やはり3割程度は影響が出ており、緊急事態宣言が出た4月の上旬からはさらに厳しい雰囲気だという。

「店も広いので、間を空けて座ってもらったり、テイクアウトにも対応している」という。近隣のマンション住まいの方がまとめてテイクアウトを買っていくことも増えているとか。

「こんなことでは負けられませんよ」と“コロナ除け”のガッツポーズもいただいた。

“コロナ除け”のガッツポーズだ

 帰り際、少し残念な話もあった。「だし家」の若大将だった澤藤さんは来月にはいったん店を離れるかもしれないとのこと。それもコロナの影響だろうか。どうにか乗り切って続けてほしいものである。

 田町駅に戻る道を歩きながら、「だし家」のしょうが天を思い出していた。「うちそば芝浦二丁目店」には「だし家」の味の系譜が受け継がれていて嬉しかった。また来ようと思う。西神田本店にも行かなければならない。しみじみとした想いを抱きながら帰路についた。

「うちそば頑張れ、澤藤さんも頑張って」

こちらは今はなき旗の台駅前の「だし家」の「しょうが天そば」

写真=坂崎仁紀

INFORMATION

うちそば芝浦二丁目店

住所:東京都港区芝浦 2-1-11

営業時間:月~金6:00~21:00
       土6:00~15:00  

定休日:日(5月3日〜6日は定休日)

 

この記事の写真(17枚)

+全表示

ツイッターをフォローして最新記事をいち早く読もう

文春オンラインをフォロー