昭和34年(1959年)創刊の総合週刊誌「週刊文春」の紹介サイトです。最新号やバックナンバーから、いくつか記事を掲載していきます。各号の目次や定期購読のご案内も掲載しています。

2020/04/28

 つゆをひとくち。返しの色はやや浅く明るい。上品な鰹出汁の味が広がる。麺はコシが強くのど越しが良い。かき揚げは油切りもよく、サクサクと音がする。

「かきあげそば」(480円)の姿に見入ってしまった

 薄口醤油を返しに使ったことで、明るいつゆが完成したという。そういえば「だし家」のつゆもそんな色合いだったことをふと思い出した。

「おおお、この味だ。なつかしい」

 すると、澤藤さんが「セットメニューに、だし家で人気だったしょうが天をつかった卵とじの天丼があり人気なんです」と教えてくれた。そこで、追加料金を払って「しょうが天の卵とじ丼」を注文してみた。

 やや濃いめの返しでしょうが天を卵でとじている。しょうが天を食べてみるとぴりっとしょうがの辛さが広がる。

「おおお、この味だ。なつかしい」

「だし家」のしょうが天を彷彿とさせる「しょうが天の卵とじ丼」の味に感動

「だし家」を彷彿とさせる味に久しぶりに再会できて、感涙ものである。確か澤藤さんのお祖母ちゃんの味である。

 店長の中村さんに伺うと、人気メニューは「唐揚げそば」(540円)や「唐揚げ丼セット」(630円)、「かきあげそば」、「しょうが天卵とじ丼セット」(580円)などだそうで、セットメニューが豊富なのもありがたい。

セットメニューも人気である、テイクアウトにも対応

 澤藤さんが「もりそば」(330円)の辛汁も是非、試してほしいというので、さらに追加注文をすることにした。待つこと3分。