昭和34年(1959年)創刊の総合週刊誌「週刊文春」の紹介サイトです。最新号やバックナンバーから、いくつか記事を掲載していきます。各号の目次や定期購読のご案内も掲載しています。

2020/04/28

なぜか突然閉店した大衆そば屋のこと

 かつて旗の台駅前で「だし家」を経営していた若大将の澤藤さんだ。2017年8月、文春オンラインに記事を載せた日に忽然と閉店したまま連絡が取れなかったのである。本橋隆司さんからその情報をいただいて、今回の訪問が実現したという次第。「だし家」の大旦那は病気で倒れ1年ほど前に亡くなったそうである。

そこには「だし家」の若旦那、澤藤さんがいたのである
セットメニューも豊富で人気である
澤藤さんや皆で考えた出汁と返しが自慢だ

「色々なことがありましたが、うちそば芝浦二丁目店の返しや出汁は自分も随分研究して、社長とも相談してたどり着いた味なんです。是非、食べてみてください」と澤藤さんが言うので期待しながら待つことにした。

じつに美しい姿の「かきあげそば(480円)」

 そばは店で自家製麺している。そばは注文後茹で始める。天ぷらはほぼ注文都度揚げ。待つこと4~5分で、「かきあげそば」が完成した。跳ねるような野菜かき揚げ、丁寧に切られた葱、透き通るような麺線、ほどよい紫のつゆ。その姿の美しいことに見入ってしまった。