昭和34年(1959年)創刊の総合週刊誌「週刊文春」の紹介サイトです。最新号やバックナンバーから、いくつか記事を掲載していきます。各号の目次や定期購読のご案内も掲載しています。

パンストで絞殺された女の怨念? 「歌舞伎町ラブホ連続殺人事件」の現場は本当に“全焼”したのか

“オカルト探偵“吉田悠軌が紐解く“都市風景と怪談” ラブホテル

2020/05/02

 ラブホテルと怪談は相性がよい。日本全国どの街にも、必ず1軒や2軒は「出る」と噂されるラブホテルがあるものだ。特に築年数の古い、年季の入った建物が、そうした噂の対象となりがちだ。

 日本一の歓楽街・歌舞伎町はどうだろうか。

©iStock.com

ラブホテル怪談にひそむ“ある事件”の影

 もちろんこの街でも、いくつかのラブホテルに心霊の噂がささやかれているし、それらが古い施設ばかりという点では、他のエリアとさして変わらない。ただ、注目しておくべき特徴が一つ。

 歌舞伎町におけるラブホテル怪談にはいつも、ある事件の影がつきまとっているのだ。

 例えば、心霊ラブホテルとして有名だった「ホテルM」。現在は閉業しており、廃墟となった建物が歌舞伎町の片隅に取り残されている。黒ずんだビルの前に、ずっと解体工事の告知が張り出されているが、なぜかいまだに作業が進む気配はない。

 ここは昔から、幽霊の噂がたてられるホテルではあった。「鏡張りの部屋にただよう空気が不気味だった」「ずっと不審な物音がしていた」「いきなり女性の叫び声が聞こえてきた」などの恐怖を伝える証言が、現在もネット上に転がっている。

 とはいえこれは、単に建物の造りが古いため、板張りの床がきしんだり、隣室の嬌声が聞こえたり……といったことが原因のようだ。まあ、ここまでなら歌舞伎町界隈のラブホに出入りする人々だけの、ほほえましいローカル怪談に過ぎなかった。

火災で廃業となったホテルM ©吉田悠軌

 しかし数年前、これら心霊の噂がにわかに注目される事態が起こった。2016年1月、ホテルMにて火災が発生、宿泊客である60代女性が死亡してしまったのだ。そしてわずか2日後、すぐ近くのラブホテルGも火災にて全焼。これによって「M」「G」両ホテルはともに営業停止、そのまま廃業してしまう。

 その後も町内でさらに2件の不審火が続いた上、ゴールデン街でも大規模な放火騒ぎが起こった。これらの相次ぐ火難は、歌舞伎町にとどまらず全国ニュースでも報道された。