昭和34年(1959年)創刊の総合週刊誌「週刊文春」の紹介サイトです。最新号やバックナンバーから、いくつか記事を掲載していきます。各号の目次や定期購読のご案内も掲載しています。

「こちらのホームには、電車は来ないんですよ……」ある会社員が体験した、“不気味な駅員との出会い”が生んだ悲劇

その終電の行き先はどこだったのか?

2020/03/29

『稲川淳二の怪談グランプリ』で優勝経験もある、オカルトコレクターの田中俊行氏。前回の「あべこべ」に続いて、怪談「終電」を書き下ろします。あるサラリーマンの身に、実際に起きた“悲劇”。その衝撃の一部始終とは――。

◆◆◆

 これは10年程前、都内に住む男性サラリーマンが体験した話である。

 その日、彼は仕事でミスをして、夜遅くまで一人で残業することになってしまった。退社できたのは終電間際。オフィスを出ると、電車を逃すまいと急いで駅へと向かった。

©iStock.com

 何とか終電が来る前に駅のホームに到着した彼は、乱れた息を整えながらベンチに腰を掛けた。この時間だからか、自分以外、周りには誰もいない。「間に合って良かった。タクシーで帰ると料金が馬鹿にならないからな……」

突然駅員に告げられた“ホーム変更”

 ホッとしながら、すぐに来るはずの電車を待っていると、改札から続く階段を、男性駅員が走って上がってくるのが視界に入った。その駅員は走りながら、じっと彼を見つめている。

 何事かと思って見ていると、駅員は彼の目の前までやって来て、「すみません、こちらのホームには、電車は来ないんですよ……」と告げた。思わぬ話に少し驚きつつも、何かのトラブルでホームが変更になったのかな、などと彼は思った。

「ああ、そうなんですね。何番ホームに行けば良いんですか?」

©iStock.com

 そう問うと、駅員はボソッと「付いて来てください……」と言う。

 この駅員、なんだか愛想もないし、雰囲気も暗くて嫌な感じだな……。そう思いながらも、彼は後に付いていった。