昭和34年(1959年)創刊の総合週刊誌「週刊文春」の紹介サイトです。最新号やバックナンバーから、いくつか記事を掲載していきます。各号の目次や定期購読のご案内も掲載しています。

なぜ人は「毒親」になってしまう? 背景には“親心と支配”の勘違いがあった

source : 提携メディア

genre : ニュース

なぜ人は「毒親」になってしまう? 背景には“親心と支配”の勘違いがあった

 

毒親ってどんな親?編集部にも経験談が寄せられる

皆さんは「毒親」という言葉を聞いたことがあるだろうか。ネグレクトや過干渉、暴力などのさまざまな行為によって、子供の成長に悪影響を及ぼす「毒になる親」のことだ。

言葉自体は以前からあったが、近ごろは国内でも認知が広まり、SNSなどでは自分の親が毒親だったと打ち明ける投稿をみるようになった。

子供にとって「毒になる親」のことを毒親という(画像はイメージ)

実際に編集部で「毒親」のエピソードを募集したところ、このような経験談も寄せられている。

「長女の私を愚痴のゴミ箱にした。10才頃から始まった。幼くも思春期だった。当時は母をかわいそうと思い同情していたが、思い返せばそれは虐待だった。父方の親族の悪口を言いながら、お前は父親にそっくりだと繰り返した。私を心配しているフリをして話しかけるが、わたしの話はほとんど聞かず、いつのまにか親族や近所の悪口を永遠に話続けられた。大学生になって初めて聞きたくない、嫌だと反抗したら、聞いてよ!と逆切れされた。現在40歳になるが、表面的に関係は保っているものの、母と話すことは恐怖である」(投稿者:メグさん)

また、罵声や暴力を日常的に浴びせられた結果、家族のつながりを失ったという人も。

「基本は出掛ける母の代わりに家に残り家事をこなしていた。兎に角家族の最優先事項は母の指示。従えないと逃げる事も許されず母のサンドバッグにされた。今は自立して家を出たが、母の許しを貰わずに勝手に独立した私を『あんな奴娘じゃない』と妹弟に言いふらし、妹弟に連絡を取る事さえ許さない。もし隠れて連絡を取ったと知られれば妹弟に怒りの矛先が向く。だから私はもう家族の誰とも連絡を取らないし、関わりたくもない」(投稿者:姐さん)

こうした経験談で特に目立つのが、毒親に育てられた子供は心に深い傷を負い、大人になってもその影響に苦しんでいるという点だ。毒親はなぜ生まれ、その背景には何があるのだろうか。

今回は自らも毒親と絶縁した経験を持ち、毒親・親子問題の専門家として活動する影宮竜也さんに、「毒親とは何か?」からお話を伺った。