昭和34年(1959年)創刊の総合週刊誌「週刊文春」の紹介サイトです。最新号やバックナンバーから、いくつか記事を掲載していきます。各号の目次や定期購読のご案内も掲載しています。

2020/05/22

昔ながらのラーメンは400円。そのお味は……

 それにしても驚くべきは、400円という値段だ。少し前までは350円だったという。ちなみに餃子は250円。こんなに安くて採算が取れるのかと、余計な心配をしたくなってくる。

「うちの人が上げないんですよ。うん。もう昔の値段のままできてるんで」

 そんなことばからも、孝さんに対する初子さんの信頼感が窺える。なお孝さんの不在時は初子さんが調理を担当するようで、厨房に入ってからほどなくして、昔ながらのラーメンを持ってきてくださった。

 

 ラーメンは、どこからみても昭和そのものの、昔ながらのスタイル。見た目よりもすっきりとした味わいのスープが、とくに印象的だ。よい意味で「普通」であり、だからこそ常連さんたちに信頼されてきたのだろうなと推測できる。

 これを食べ終えたら、そろそろ帰らなくちゃいけないんだな……。

 
 

 一抹の寂しさを感じながらスープを飲んでいたら、孝さんが戻ってきた。そこからまた、常連男性と私を含む4人での世間話になり、フェイスブックの交換やスマホでの撮影会が始まる。

 ここは、とてもいい店だな。

本当に映画に登場していた!

 訪れたあの日から短期間の間に、新型コロナが世の中の空気を一変させてしまったが、終息したころに改めて伺ってみたい。

 なお、先ほど映画に出てきそうだと書いたが、初子さんによると、木村拓哉と二宮和也が共演した原田眞人監督作品『検察側の罪人』という映画の撮影に使われたとのこと。確認してみたら、たしかにクライマックスの場面に登場していた。

 

 撮影=印南敦史

INFORMATION

栄華
埼玉県所沢市御幸町2-15
営業時間 11:00~22:00
定休日 不定休

餃子 250円
ラーメン 400円

この記事の写真(24枚)

+全表示

ツイッターをフォローして最新記事をいち早く読もう

文春オンラインをフォロー