昭和34年(1959年)創刊の総合週刊誌「週刊文春」の紹介サイトです。最新号やバックナンバーから、いくつか記事を掲載していきます。各号の目次や定期購読のご案内も掲載しています。

「毒親」は子供に引き継がれてしまう? 体験者が明かす“毒親の連鎖”を断ち切る方法

source : 提携メディア

genre : ライフ, 社会, ライフスタイル, 医療, ヘルス, 働き方

「毒親」は子供に引き継がれてしまう? 体験者が明かす“毒親の連鎖”を断ち切る方法

 

“毒親育ち”が抱える悩み

子供の悪影響となる毒親はなぜなくならないのか。その要因の一つとして考えられるのが、毒親に育てられた子供自身が毒親になってしまう可能性があることだ。

編集部では、幼少期の子供は毒親的な考え方を無意識に受け継いでしまうことがあるといい、間違いに気付かなければ自分の子供にも同じように接し、気付いたとしても極端に真逆な接し方をしてしまうことがあるという話を以前紹介した。

毒親育ち故に子育てに悩む人もいる(画像はイメージ)

実際、毒親育ちの子供には、大人になってからも「自分も毒親になるのでは」との恐怖があるという。編集部が「毒親」に関するエピソードを募集したところ、こうした経験談も寄せられた。

「自分で考えた進路は全て否定され、親が認めてくれる範囲の進路を選んできて、今、一応普通の家庭を築いているけど、自分に自信がなく、自分を生きていないようで辛い。自分の子育てを通して、心理学や毒親の本やブログを読んで、生きづらいのは育てられ方と気付き、今生き方考え方を見直しているところ。自分のなかで何でも育てられ方のせいにしている自分もいて、それが嫌。毒親は世代間で引き継がれると言うけど、自分の子育てを見て本当にそう思う。子供に引き継がせたくないので、今、向き合っている」(投稿者:もこちゃんさん)

たしかにこれは悩ましい問題だろう。こうした毒親の連鎖を断ち切る方法はあるのだろうか。

そこで、毒親に育てられ、自らも毒親になった経験をもつカウンセラー・高橋リエさんに、実情と自分自身が毒親から脱却するためのポイントを伺った。

長男の不登校がきっかけで「毒親だった」と自覚

――高橋さんが考える毒親とは、どんな親なの?

私の定義では、「子供の気持ちを思いやれず、不安のあまり、何でも自分の思い通りにコントロールせずにはいられない親」です。常に不安いっぱいで他人や世間への警戒心が強く、自分の不安を解消するために家族をコントロールします。心配性で過干渉になるのですね。

そして、「頑張らなければいけない」などの「ねばならない」という思い込みが強く、子供に強要しますし、自らもそれに忠実に生きていることが多いです。私は毒親のこうした思い込みを“昭和の強迫観念”と呼んでいます。

また、特徴的なのが悲しみや恐怖、喜びなどを感じない“感情まひ”の状態であることです。自分の気持ちにフタをして感じないようにしているため、子供の気持ちに共感したり、つらさに寄り添うことができず、すべて思考で処理して「こうであるべき」という正論で返すので、子供を傷付けてしまいます。