昭和34年(1959年)創刊の総合週刊誌「週刊文春」の紹介サイトです。最新号やバックナンバーから、いくつか記事を掲載していきます。各号の目次や定期購読のご案内も掲載しています。

2020/05/24

「あんた……ヤクザもんのこと詳しいね?」

「新宿警察には、雪の夜、大きな事件が起こるというジンクスがあるんだ」

「ミステリーみたいな話ですね。いつ頃からですか?」

 コーヒーを飲みながら相棒の刑事が補足した。

「俺がここにきたときはもうあった。けっこう前、昭和の頃から語り継がれてるらしい。なのに今夜は丑三つ時までなにもなかったんで、誰もが静かな夜だと思ってた。珍しいなぁと。でも不思議なことにそれを口にすると事件が起こる。みんな妙に無口だった。それなのに……やっぱりだったもんな」

「雪の降る日は事件も一緒に降ってくるんだよ」

「違いねぇ……」

 刑事たちは、私が暴力団と判断した男の素性も教えてくれた。予想はドンピシャ、男は10階に事務所を構える暴力団組織の組員だった。組織名や肩書きをメモしていると、今度は刑事が訊いてきた。

「あんた……ヤクザもんのこと詳しいね?」

「ここに住んでれば……嫌でも詳しくなりますよ」

©︎iStock.com

「じゃあ、あの事件の黒幕知ってる?」

 刑事たちはとある抗争事件後に病死した広域組織幹部が、実は謀殺されていた……という爆弾発言をした。

「ホントですか?」

「そうだよ。みんな知ってる。ヤクザは怖いよなぁ~」

 刑事だけあって話にはリアリティがあった。名前が挙がった幹部とは親しい間柄だったので、その後、暴力団筋に確認すると、多くの人間が「謀殺」との見解を示し、この暴露を裏付けした。その後、事件化することはなく真偽は不明だが、殺されるだけの理由はある。

“空から降ってきたヤクザと思われる男”を吊り上げる捜査員

「これも事件なんですか?」

「わかんねぇけど……実際、何人もさらわれているからなぁ」

「さらわれた人は見つかるんですか?」

「見つかったら怖くないじゃん」

「そうですね」

「そんな通報がしょっちゅうあるんだよ。この間も……すぐ現場に行って、目撃者はたくさんいたんだけど……」

「見つからなかったんですか?」

「ああ。ほんとヤクザは怖い」