昭和34年(1959年)創刊の総合週刊誌「週刊文春」の紹介サイトです。最新号やバックナンバーから、いくつか記事を掲載していきます。各号の目次や定期購読のご案内も掲載しています。

2020/05/26

 平日午前10時前の日暮里駅東口に到着した。駅前も閑散としていた。「一由そば」も客の入りは通常の3割程度だろう。店長の佐久間さんに挨拶して、「持ち帰り用太蕎麦」(370円)と「ゲソ天」(130円)の2人前を注文した。もちろん、普通のそば・うどんの持ち帰りもある。

 茹でた後冷凍した太蕎麦と保冷剤、ペットボトルに入ったそばつゆ、ゲソ天を別々のビニール袋に入れて提供された。

 帰宅後、太蕎麦を1分程度湯通しして、温めたつゆをかけ、オーブントースターで温めたゲソ天を載せて、「ゲソ天太蕎麦」の完成である。コシの強い田舎風のそばをワシワシ食べる感じがなかなかよい。浅草の「角萬」や東武動物公園の「一茶宮代」よりもコシが強いのが特徴だ。冷やしで食べてもうまいに違いない。

 佐久間店長は「とにかく大変です。早く収まって元通りになってほしいです」と痛切に訴えていた。「営業時間も5時~20時までなのでテイクアウトもうまく活用してほしい」とのことだった。

平日午前10時前の日暮里駅東口駅前も閑散
お店は通常の2~3割程度の入り
人気の冷凍太蕎麦の持ち帰りができるようだ。テイクアウトは他もすべて対応している
太蕎麦・ゲソ天・つゆを2人前持ち帰り
おいしい食べ方の説明書も同封されていた
「ゲソ天太蕎麦」はコシの強い田舎風のそばをワシワシ食べる感じ

INFORMATION

一由そば

住所 東京都荒川区西日暮里2-26-8

営業時間 5:00~20:00(4月11日より当面の間)

http://ichiyoshisoba.com/

五反田であの「やきそば大盛(550円)」もテイクアウトできる

 五反田駅近くにある「後楽そば」はどうだろうか。五反田駅界隈も人はまばら。「後楽そば」の前の道も人はいない。