昭和34年(1959年)創刊の総合週刊誌「週刊文春」の紹介サイトです。最新号やバックナンバーから、いくつか記事を掲載していきます。各号の目次や定期購読のご案内も掲載しています。

2020/05/26

 荒川雄行社長に聞いてみると、ランチタイム以降は閑散で、売り上げも激減し大変だという。テイクアウトは各店舗で25年前位から対応しているとか。「生そばの持ち帰り」(3人前540円)や「冷やしまかないそば」(570円)、「冷やし天玉そば」(490円)が人気メニューとのことである。

 早速、「冷やし天玉そば」を注文した。そして登場した容器はずっしりと重い。そばはコシが強く、天ぷらも一口サイズにカットしてくれているのでとても食べやすい。温泉卵もうまい。この味が自宅で食べることができるというのは大変うれしいことである。店長の慶田城さんも元気そうでよかった。

「そば処かめや銀座店」がある8丁目界隈の裏通りも午後1時半頃は誰もいない
「そば処かめや銀座店」は元気に営業していた
テイクアウトを大きくアピール中
「そば処かめや」では25年前位からテイクアウトは実施していたとのこと
 コシの強いピカピカのそばと一口サイズに切った天ぷら、温泉卵とわかめが入って満足度が高い

INFORMATION

そば処かめや銀座店

住所:東京都中央区銀座8-5-22 
銀座HYビル1F

営業時間:月~金 6:30~20:00 土 10:00~15:00

定 休 日:日祝(4月13日より当面の間)

「普段は食べられない」名店の味を試すチャンス

 「しぶそば」でも「かつ丼」や「カレー丼」のテイクアウトを実施する店が登場している。「しぶそば」公式キャラクターの「しぶくまくん」がTwitterで告知していた。「しぶそば」のテイクアウトも機会があれば是非食べてみたい。

 立ち食いそば店はどこも緊急事態宣言に伴い、厳しい経営を強いられてきた。テイクアウトを始めても、売り上げの回復にはほど遠いのが現実だと思う。しかし、テイクアウトがあることで、利用者とつながっていることを店側は実感できる。我々も「あの店やってるな」とエールを送ることができる。テイクアウトで初めて食べる方もいるだろうし、中には「こりゃ旨い」と驚く人もいるに違いない。自分はもうしばらく我慢してテイクアウトを利用していこうと考えているわけである。

写真=坂崎仁紀

この記事の写真(22枚)

+全表示

ツイッターをフォローして最新記事をいち早く読もう

文春オンラインをフォロー