昭和34年(1959年)創刊の総合週刊誌「週刊文春」の紹介サイトです。最新号やバックナンバーから、いくつか記事を掲載していきます。各号の目次や定期購読のご案内も掲載しています。

2020/06/13

肉だけじゃない! ハナマサに行ったら「これを買うべき」

 そこから1か月かけて肉を食べていくのですが、もともと自炊もしない一人暮らしの身としては、「とにかく炒める!」というのがベストな選択肢でした。

 そのときにおすすめなのが、肉のハナマサのプライベートブランド「プロ仕様 中華鶏だし」という調味料です。これをちょっと肉に振りかけて炒めるだけで美味しくなります。ちなみに、同じパッケージで色違いの赤い「プロ仕様 鶏ガラスープ」は、付け合わせのスープを作るのに使ってます。

「プロ仕様 中華鶏だし」(左)と「プロ仕様 鶏ガラスープ」(右)がおすすめ

 一気に1か月分も購入するのは少し極端かもしれませんが、ハナマサでの“肉の衝動買い”を一度体験してもらったら、僕がハマった理由もわかってもらえると思います。ただ、勢いに任せて購入すると後悔することもあるので、僕自身の体験から、“ハナマサ初心者”の方へのアドバイスを2つお教えします。

初心者へのアドバイス・その1)いろんな種類の肉を、バランス良く買うこと

 まず、肉をたくさん買うときは、同じ商品を2パック、3パックと買うのではなく、なるべくいろんな種類の肉を、バランス良く選びましょう。ハナマサには専門店でしか見られないような、珍しい肉がたくさんあります。せっかくハナマサに行くのであれば、そうした肉を選ぶほうが楽しいですし、単純に同じ肉ばかりだと食べている途中で飽きることも多いです。

 

 たとえば豚の細切れでも、ハナマサだと1パックに600gは入っているので、普通のスーパーと比べたら既に2パック分くらいの量があります。

 その観点で僕がおすすめするのは、「お肉屋さんのハンバーグ」という商品。2枚入りで税込み306円という、その美味しさと全く相容れない衝撃の安さが嬉しいです。売り切れてしまっていることも多いので、僕も見つけたら即買いしています。