昭和34年(1959年)創刊の総合週刊誌「週刊文春」の紹介サイトです。最新号やバックナンバーから、いくつか記事を掲載していきます。各号の目次や定期購読のご案内も掲載しています。

レアすぎる初共演 永山瑛太&絢斗6歳差「芸能界最強兄弟」の“似てるところ”は?――NHKリモートドラマ『Living』

2020/05/30

 きょう5月30日と来週6月6日の2夜にわたり、坂元裕二脚本によるリモートドラマ『Living』がNHK総合で放送される。

次男・永山瑛太&三男・絢斗が初共演

《コロナ禍の今だからこそ、最高のエンターテイメントをお届けしたい―/姉妹・兄弟・夫婦として日常を共にする俳優陣の皆様がご出演。CGも交え、リモートドラマの新しい可能性に挑んだ至極のファンタジー!》と謳った同作は(※1)、各15分の4つのエピソードによるオムニバス仕立て。全編を通して阿部サダヲ扮する作家と、壇蜜が声をあてるCGのドングリが狂言回し的に登場する。第1夜となるきょうの放送では、第1話に広瀬アリス・広瀬すず、第2話に永山瑛太・永山絢斗と、じつの姉妹・兄弟が出演し、さらに第2夜では第3話に中尾明慶・仲里依紗、第4話に青木崇高・優香と2組の夫婦が登場する(優香は声のみの出演)。このうち永山兄弟は今回が初共演で、近未来の日本を舞台に“過去にはやった料理”をつくることを生業とする兄弟を演じるという。

1982年12月生まれの永山瑛太。3兄弟の次男 ©文藝春秋

 永山瑛太は1982年12月に次男として生まれ、EITA名義でモデル活動を経て2001年、ドラマ『さよなら、小津先生』(フジテレビ系)で俳優デビューを果たす。まもなくして「瑛太」の芸名で活動するようになったが、今年1月をもって本名に改めた。永山絢斗は6歳下、1989年3月生まれの三男で、2007年に日本テレビの深夜ドラマ『おじいさん先生 熱闘編』でデビューした。なお、2人の長兄である永山竜弥(1979年生まれ)も俳優で、一時休業を経て今年活動を再開している。

1989年3月生まれの三男・永山絢斗。瑛太とは6学年離れている ©文藝春秋

 瑛太は、映画『青い春』(2002年)、『サマータイムマシン・ブルース』(主演・2005年)、ドラマ『WATER BOYS』(2003年)、『のだめカンタービレ』(2006年)など、若手俳優が多数出演する作品のなかでまず注目されるようになる。このころ、東京・祐天寺に住んでいた。あまり仕事のなかった当時、森山未來や小栗旬など同年代の俳優たちと酒を飲みながら演技論をぶつけ合うこともしばしばであったという(※2)。2008年にNHKの大河ドラマ『篤姫』で薩摩藩重臣の小松帯刀、フジテレビ系のドラマ『ラスト・フレンズ』で女性から性的虐待を受けるヘアメイクアーティストを演じたあたりから、若手の実力派として認知されていった。