昭和34年(1959年)創刊の総合週刊誌「週刊文春」の紹介サイトです。最新号やバックナンバーから、いくつか記事を掲載していきます。各号の目次や定期購読のご案内も掲載しています。

みたままつり、温泉、AKBにSKE……

 特に、AKB48グループメンバーとのスキャンダルは多かった。乱倫ぶりを示したのが、元SKE48メンバーで、現在はAV女優の三上悠亜(26・当時は「鬼頭桃菜」として活動)との泥酔キス写真(「週刊文春」2013年7月18日号)。そして、AKB主要メンバー・柏木由紀(28)との温泉旅行密着写真(「週刊文春」2015年6月18日号)。

 2014年の靖国神社「みたままつり」では、派手な金髪に特大のサングラスをかけ、芸能人オーラ全開で登場するなど、手越の私生活の派手さはジャニーズの中でも図抜けていた。靖国神社でも手越は早々にファンに発見され、100人ほどに囲まれると、“手越コール”に見送られながらタクシーで走り去ったのだった。

 2014年の靖国神社「みたままつり」 ©文藝春秋
「 みたままつり」に現れた手越(2014年) ©文藝春秋

「柏木さんだけでなく先輩の人気選抜メンバーの名前も」

 元ジャニーズ事務所所属タレントが話す。

「僕が手越さんから『付き合っている』と聞いたのは、柏木さんだけでなく先輩の人気選抜メンバーの名前でした。他にも、あまり有名でない中堅メンバーとも関係を持ち、NMB48といった地方のメンバーを持ち帰ることもあった。まさに48グループで手越さんは“無双状態”でした。48グループのメンバーには運営側から“手越禁止令”なるものが出たこともあったと聞きます。飲み会から持ち帰ることはもちろん、カラオケバーで翌日の昼まで飲み続け、ずっとイチャついていることも多く、本人も『何人と関係あったか覚えてない』と言っていました。ちなみに柏木さんとは、今もいいお友達関係だそうです」

 AKBグループ関係者は「大事な商品に手を出されては堪らない」と手越の所業を問題視していたが、それでも“無双状態”は許されていた。なぜなら手越の背後にはジャニーズの絶大な政治力があったから。手越はその権力の中心にいた当時のジャニーズ副社長・藤島メリー泰子氏の“虎の威を借る狐”だった。