昭和34年(1959年)創刊の総合週刊誌「週刊文春」の紹介サイトです。最新号やバックナンバーから、いくつか記事を掲載していきます。各号の目次や定期購読のご案内も掲載しています。

《実父直撃》竹内涼真と“ビズリーチ美女”吉谷彩子の破局真相「彼のイメージはよかったのに……」

「ビズリーチ!」

 爽やかな笑顔とともに発されるこの一言。転職サイト「ビズリーチ」のCMで一躍話題となった女優の吉谷彩子(28)が、精神的に追い詰められているという。スポーツ紙記者が語る。

「ビズリーチ」のCMに出演する吉谷彩子

「発端となったのは『FRIDAY』(2020年6月12日号)で報じられた、俳優・竹内涼真(27)との破局騒動です。吉谷は竹内と同棲していたマンションを出て、いまは親友の自宅に身を寄せているそうです。なんとか仕事現場には出てきているようですが、現場マネジャー以外は仕事関係者も連絡がとりづらくなっているようです」

竹内と交際中に吉谷がInstagramにアップした写真。左手の薬指には指輪が光ってる(本人のInstagramより)

報じられた三吉彩花への“乗り換え愛”

 “ビズリーチ美女”吉谷の芸歴は長い。母親が引っ込み思案である吉谷を心配して3歳で児童劇団に入れたことをきっかけに子役として活動をはじめ、2012年には連続テレビ小説「梅ちゃん先生」(NHK)に出演し、若手演技派女優として成長した。今クールも篠原涼子主演の「ハケンの品格」(日本テレビ系)に出演している。現在、芸歴は25年になる。

 そんな吉谷が交際していたのが竹内だ。竹内は今年1月に放送された主演ドラマ「テセウスの船」(TBS系)が最高視聴率19.6%を記録し大ヒットするなど、「国民の彼氏」と呼ばれるほどの人気俳優である。2人は2017年のドラマ「陸王」(TBS系)での共演を機に交際をはじめたという。

竹内涼真 ©︎AFLO

「竹内と吉谷は3年近く交際し、同棲していた。結婚も意識して、竹内は吉谷の両親に挨拶もしています。ところが『FRIDAY』によると2020年4月に竹内が一方的に吉谷に別れを告げて、彼女を同棲していたマンションから追い出した。その際、吉谷が立て替えていた生活費などの100万円を巡って金銭トラブルとなっているようです。家を失った吉谷は、このコロナ禍で新しい家がなかなか見つからず、友人の自宅やホテルを転々としていると報じられています。

『Seventeen』(集英社)でモデルを務めた三吉彩花  ©︎AFLO

 別れの要因として報じられたのが、竹内による元『Seventeen』モデル・三吉彩花(23)への“乗り換え愛”です。同誌では竹内と三好の高級外車でのデートや、2人が深夜に竹内の自宅マンションへ連れだって帰宅する様子の写真が掲載されています」(芸能ジャーナリスト)