昭和34年(1959年)創刊の総合週刊誌「週刊文春」の紹介サイトです。最新号やバックナンバーから、いくつか記事を掲載していきます。各号の目次や定期購読のご案内も掲載しています。

手越から送られてきた『全て計算通り』のメッセージ

 「約5年前、手越くんの友人の紹介で知り合いました」というC子さん(20代)も「私たちが“手越ガールズ”と呼ばれていることは本人も知っていると思います」と語る。

「手越くんの友達が“手越ガールズ”という言葉を使っているのを何度も聞いたことがあります。逆に手越ガールズの間では、陰で手越くん本人を“ポッポ”と呼ぶこともあります。理由は、携帯アプリの『Pokémon GO』ってあるじゃないですか。あれって歩き回っていろいろなポケモンを探すゲームなんですが、どこへ行ってもいる鳥のポケモンキャラで“ポッポ”というのがいるんです。手越くんは遊びまわっていてどこへ行ってもいるから、『また“ポッポ”いるね(笑)』みたいに言われていました」

 記者がC子さんに手越ガールズである証拠を見せてほしいと言うと、手越の自宅で撮影したという写真を見せてくれた。

2013年に放送された「24時間テレビ」(日本テレビ系)のオリジナルTシャツ。嵐の大野智と草間彌生がコラボデザイン

「この写真は2015年6月に撮ったものです。バーで飲んだあと、その場にいた女の子2人と一緒に手越くんの自宅へ誘われたんです。手越くんは「翌日は休みだから」と遊び足りないようでした。自宅ではほとんど飲まずにすぐに寝てしまいましたが……。この写真はその翌日に撮影しました。手越君は2013年に放送された『24時間テレビ』(日本テレビ系)のチャリティーTシャツを着ていました。嵐の大野智さんと草間彌生さんがコラボしてデザインしたものだそうです」(C子さん)

 芸能界や手越ガールズから数々のツッコミを受ける手越の会見だが、手越はC子さんにこんなLINEを送っている。

「知り合った当時は同じNEWSのメンバー・小山慶一郎さん(36)の行きつけのバーや、手越くんが当時住んでいたタワマンの一室で遊ぶことが多かったです。ずっと関係が続いていたので、今回の2度に渡る自粛期間中の外出でジャニーズ事務所から芸能活動自粛の処分となった時に、『だいじょうぶ? いろいろと』とLINEを送ったのです。が、『俺が大丈夫じゃないわけないやんw』とやたら強気な返信がありました。さらに続けて『全て計算通り』だと。いつも通りポジティブな手越くんでした。要するに、芸能活動自粛になったこともふくめて“全て計算通り”、ということなんだと思います。

芸能活動自粛になった手越を心配したC子さんとのLINEのやり取り

 会見は終始言っていることがよくわからないなとは思いましたが、よくも悪くも明るくて手越くんらしかった。あれも計画通りってことなんでしょうか」(同前)

 手越が会見で口にした《日本やジャニーズ事務所がステイホームを呼びかけている中で、僕の未来の夢のために出てしまったという軽率な行為をしてしまったということは僕ももちろん反省をしてます》という言葉と、芸能活動自粛処分が下った直後の「全て計画通り」という言葉には乖離があるが、手越の真意はどこにあるのだろうか。

 会見に同席していた弁護士に文書で事実関係を確認したが、期日までに回答はなかった。

 7月3日(金)21時から放送の「文春オンラインTV」では、本件について取材担当記者が詳しく解説しする。

この記事の写真(9枚)

+全表示

文藝春秋が提供する有料記事は「Yahoo!ニュース」「週刊文春デジタル」「LINE NEWS」でお読みいただけます。

※アカウントの登録や購入についてのご質問は、各サイトのお問い合わせ窓口にご連絡ください。

ツイッターやメルマガで最新情報をGET!