昭和34年(1959年)創刊の総合週刊誌「週刊文春」の紹介サイトです。最新号やバックナンバーから、いくつか記事を掲載していきます。各号の目次や定期購読のご案内も掲載しています。

2020/08/04

「1日では朝が結構忙しい」

 店内は白い色を基調とした大きなL字のカウンターがあり、メニューがカウンター上や壁にたくさん並んでいる。先客1名がいたが、広いので密は回避。店はお母さんと娘さんの2人で切り盛りしていた。うまそうなかき揚げが見えたので、迷わず「冷やしかき揚げそば」(440円)の食券を購入し注文した。エタノールで手を消毒し席で待つことにする。

店内は白を基調とした清潔な内装、大きなL字型のカウンター
お店は家族経営で元気いっぱいだ
カウンター上にはメニューがずらりと並ぶ

 桜ヶ丘駅から歩いてきたことを娘さんに告げると、「桜ヶ丘から歩いたことは一度もない」と驚かれた。なんでこんな駅から遠いところに店を出したのか聞いてみると、これまた意外な答えが返ってきた。

「この辺りは商業車で移動する人が多くて、以前はもっと飲食店とかたくさんあったそうです」というのだ。

 たしかに県道18号線沿いにはラーメン屋もある。町田街道(藤沢町田線)と並行していて、裏道的なルートになっているのかもしれない。「朝のお客さんはみな車で来るし、1日では朝が結構忙しい」という。

ダントツ人気の“390円定食”とは?

 ほどなく、「冷やしかき揚げそば」が到着した。かき揚げは人参や玉ねぎ、ごぼうなどが踊るよう。丁度よいきれいな色に揚がっている。わかめとねぎとわさびが添えられている。つゆをひとくち飲むと出汁の香る濃い目のつゆである。そばは冷凍の生麺でコシもあり、歯ごたえがよい。

「冷やしかき揚げそば」(440円)はかき揚げも立派で麺もうまい

 人気のメニューをきいてみると、昼間は「天玉そば」(430円)、「かき揚げそば」(390円)、「カレーそば」(400円)。朝は生卵・ごはん・かけそばの「卵かけ定食」(390円)、納豆・ごはん・かけそばの「納豆定食」(390円)がダントツ人気だそうである。しかしこの値段はすこぶる安い。

 その理由を女将さんに聞くとまたまた素敵な回答が返ってきた。

「コンビニやハンバーガー屋でチャッチャッと食べるのではなく、若い人にもしっかり朝ごはんを食べてもらいたい。それでこの定食メニューにこだわったんです。値段もなるべく安くしてね」ということである。